国史地理教育の研究

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 總論 時局と國民敎育の目標
  • 第一章 時局即應の國民敎育 / 1
  • 第二章 國民敎育の最高指標 / 3
  • 第三章 國民敎育に於ける國史敎育の重要性 / 11
  • 第四章 國民敎育に於ける地理敎育の重要性 / 15
  • 國史篇 日本我の自覺を目指す 國史理解の本質と方法
  • 第一章 日本敎育と國史敎育 / 21
  • 第二章 國史敎育の意義 / 24
  • 第一節 歷史學と歷史敎育 / 24
  • 第二節 國史敎育の意義 / 26
  • 第三章 國史理解の本質 / 29
  • 第一節 國史理解の本質 / 30
  • 第二節 國史理解の根柢 / 34
  • 第三節 國史理解可能の根據 / 38
  • 第四節 國史理解の過程 / 42
  • 第四章 國史理解對象の意義 / 45
  • 第五章 國史理解能力の發達と指導の着眼 / 51
  • 第一節 兒童の國史理解能力 / 51
  • 第二節 心理學的發達過程 / 52
  • 第三節 兒童を凝視して / 57
  • 第六章 小學校に於ける國史理解の方法 / 58
  • 第一節 國史敎育に於ける根本的態度 / 61
  • 第二節 國史敎育に於ける說話 / 68
  • 第一 說話の重要性 / 68
  • 第二 說話の方法 / 70
  • 第三 說話內容の着眼點 / 76
  • 第三節 國史學習の直觀化 / 114
  • 第四節 國史學習態度の訓練 / 121
  • 第五節 國史指導過程 / 127
  • 結語 / 128
  • 地理篇 新日本國民の敎養を目指す 地理敎育の實踐方途
  • 第一章 目的論 / 129
  • 第一節 躍進日本と地理敎育 / 129
  • 第一 躍進日本の雄々しき姿 / 129
  • 第二 躍進日本と地理敎育 / 138
  • 第二節 地理科の本質 / 140
  • 第一 小學校地理科の特質 / 140
  • 第二 地理學の本質 / 140
  • 第三 地理學と地理科 / 142
  • 第四 地理科の本質 / 143
  • 第三節 地理科の目的 / 144
  • 第一 地理科目的決定の基調 / 144
  • 第二 地理科の目的 / 147
  • 第二章 敎材論 / 160
  • 第一節 敎科書並に附圖に對する考察 / 160
  • 第一 敎科書に對する考察 / 161
  • 第二 尋五修正新地理書に表れた傾向 / 163
  • 第三 地理書附圖に對する考察 / 166
  • 第二節 敎材の大別とその特質 / 167
  • 第一 郷土地理 / 168
  • 第二 日本地理 / 170
  • 第三 世界地理 / 172
  • 第三節 敎材の觀方と其の排列 / 173
  • 第四節 地理敎材の機構 / 178
  • 第三章 方法論 / 201
  • 第一節 方法決定の基調 / 201
  • 第一 現代敎育思潮と地理敎育 / 201
  • 第二 現代地理學の新傾向と地理敎育 / 208
  • 第三 日本敎育と地理敎育 / 214
  • 第二節 方法原理と其の有機的聯關 / 216
  • 第一 方法原理の確立 / 216
  • 第二 方法原理の有機的聯關 / 216
  • 第三節 方法原理と其の運營 / 217
  • 第一 生活具體の地理 / 218
  • 第二 郷土親炙の地理 / 224
  • 第三 勞作體驗の地理 / 233
  • 第四 景觀如實の地理 / 238
  • 第五 經政重視の地理 / 244
  • 第六 統一大觀の地理 / 253
  • 第四節 指導の實踐 / 256
  • 第一 敎材の時間配當 / 256
  • 第二 敎材一單元指導の實踐 / 257
  • 第三 指導案作成の要點 / 260
  • 結語 / 265

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国史地理教育の研究
著作者等 京都府女子師範学校附属小学校
書名ヨミ コクシ チリ キョウイク ノ ケンキュウ
書名別名 Kokushi chiri kyoiku no kenkyu
出版元 京都府女子師範学校附属小学校
刊行年月 昭和13
ページ数 266p
大きさ 22cm
NCID BB10314232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44002759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想