敵国における少年労働とその保護政策

楠原労働政策研究所 調査

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 緖言
  • 二 少年勞働の社會的經濟的意義
  • 三 少年勞働の道德的考察
  • 四 少年勞働の生理的狀態
  • (一) 良好なる身體の必要
  • (二) 少年勞働の結果
  • (三) 少年勞働の附隨的結果
  • (四) 少年の非衞生的職業による災害
  • (五) 夜間勞働と少年の生理學的影響
  • 五 結論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 敵国における少年労働とその保護政策
著作者等 楠原労働政策研究所
楠原労働政策研究所 調査
書名ヨミ テキコク ニ オケル ショウネン ロウドウ ト ソノ ホゴ セイサク
書名別名 Tekikoku ni okeru shonen rodo to sono hogo seisaku
出版元 楠原労働政策研究所
刊行年月 昭和18
ページ数 36p
大きさ 21cm
全国書誌番号
44026220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想