艶筆春色梅暦

黒部渓三 著

[目次]

  • 目次
  • 米八丹次郎
  • 一、 梅の香ただよう棟割り裏借家に丹次郎を訪れた米八 / 15
  • 二、 仲たがいもすぐ打とけて静かな昼下り / 22
  • 唐琴楼
  • 一、 丹次郎を助けるため、米八一芝居を打つ / 29
  • 二、 鬼兵衛にいいよられるお蝶をかばう此糸 / 36
  • 女伊達
  • 一、 悪雲助に見込まれてお蝶危難に遇う / 43
  • 二、 女伊達梅のお由、雲助を追い散らす / 51
  • 義理もつれ
  • 一、 辰已芸者となった米八義理と意気地に苦しむ / 58
  • 二、 お蝶、丹次郎路上で奇遇苦労を語り合う / 65
  • 鞘当て
  • 一、 お蝶、米八火花を散らして争う / 73
  • 二、 お蝶の追求をようやくかわして相いだく二人 / 81
  • 野暮な通人
  • 一、 米八、藤兵衛と争ってタンカを切る / 88
  • 二、 お蝶、丹次郎が捕わった夢におびえる / 96
  • 梅花散る
  • 一、 竹筒の白梅が抱き合うお蝶丹次郎に散りかかる / 103
  • 二、 お蝶の夢が正夢となり、危いところに救いの手 / 111
  • 若衆髷
  • 一、 二十五両のため養女になりお蝶苦労をする / 120
  • 二、 米八の箱屋になりすました丹次郎にお蝶ぱったり出合う / 128
  • 口説の果
  • 一、 闇に相抱くお蝶丹次郎夢幻の世界にとけこむ / 132
  • 二、 お蝶は人が変ったように自分から唇を求める / 141
  • 小梅の里
  • 一、 姉の看病をするお蝶をお熊婆が、無理につれ去ろうとするとき / 147
  • 二、 藤兵衛に救われてお蝶その後の身の上を泣き語る / 154
  • 縁の糸
  • 一、 藤兵衛とお由奇縁に驚き七年前の思い出を語り合う / 162
  • 二、 女伊達お由藤兵衛の愛撫に気を失う / 168
  • 般若面
  • 一、 仇吉との仲を疑って米八、丹次郎の家に乗り込む / 177
  • 二、 動かぬ証拠仇吉の銀かんざしをつきつけられる丹次郎 / 183
  • 因果は廻る
  • 一、 藤兵衛を種にお由かたりにあい危いところに- / 191
  • 二、 悪番頭松兵衛のなれの果てを捕えた丹次郎の運命は / 198
  • 三つ組盃
  • 一、 藤兵衛の力ずくしによりお蝶自由の身となる / 207
  • 二、 お由、米八は実の姉妹で、母親も藤兵衛の世話をうけていた / 213
  • 桜はなびら
  • 一、 「お由さんを嫁に」と藤兵衛の母から頼まれる / 220
  • 二、 唐琴楼はお蝶に返りすべてがまるく納まる / 226
  • あとがき / 234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 艶筆春色梅暦
著作者等 黒部 渓三
書名ヨミ エンピツ シュンショク ウメゴヨミ
シリーズ名 艶筆文庫 ; 第3
出版元 文芸評論社
刊行年月 1956
ページ数 235p
大きさ 18cm
全国書誌番号
56015952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想