現代支那の根本問題

藤枝丈夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者序文 / 1
  • 第一篇 序說--支那問題の現段階的意義と方法 / 1~32
  • 一 支那研究-支那學・支那問題 / 1
  • 二 支那問題の性質と範圍 / 5
  • 三 現代日本社會と支那問題 / 10
  • 四 戰後資本主義の現段階と支那問題 / 17
  • 五 支那問題に於ける方法論と階級性 / 22
  • 第二篇 支那社會の歷史的發展と特質 / 33~224
  • 緖言 / 33
  • 第一章 現代支那の地理的・文化的樣相と特性 / 35~198
  • 第一節 領域と區分 / 35
  • 第二節 人口-支那に於ける『統計』 / 46
  • 第三節 種族及び言語 / 60
  • 1 漢族 / 61
  • 2 外域の諸種族 / 67
  • 3 複雜極る言語 / 74
  • 第四節 思想・宗敎・秘密結社 / 78
  • 1 儒敎 / 80
  • 2 道敎 / 91
  • 3 佛敎及び喇嘛敎 / 111
  • 甲 佛敎 / 111
  • 乙 喇嘛敎 / 127
  • 4 回敎 / 136
  • 5 基督敎 / 151
  • イ 景敎 / 152
  • ロ 天主敎 / 156
  • ハ 希臘正敎 / 176
  • ニ 新敎 / 178
  • 6 秘密結社 / 187
  • 第五節 結語 / 190
  • 第二章 先資本主義支那の社會史的概觀 / 199~224
  • 第一節 問題の重點 / 199
  • 第二節 古代支那の社會 / 207
  • 第三節 封建制支那の社會 / 213
  • 第三篇 現代支那社會の危機と諸矛眉 / 225~406
  • 第一章 帝國主義と支那社會 / 226~356
  • 第一節 產業革命前後の歐洲と支那 / 226
  • 第二節 封建制支那の崩潰 / 241
  • 1 阿片戰爭-英淸南京條約 / 242
  • 2 太平天國の本質と段落の眞因 / 262
  • 甲 土地公有 / 269
  • 乙 兵農合一の屯田制 / 272
  • 3 天津條約-特權の飛躍 / 277
  • 4 帝國主義的特權の全貌 / 295
  • イ 商品及び原料に於ける支那 / 308
  • ロ 交通・通信・資源獲得・在支企業に於ける特權的地位 / 318
  • ハ 資本輸出領域としての支那 / 347
  • 第二章 政治機構の特質 / 357~406
  • 第一節 『二つの支那』 / 357
  • 第二節 國民黨政權の階級構成 / 360
  • 第三節 土着ブルジヨアジーの形式過程とその特質 / 375
  • 結語 / 407~416

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代支那の根本問題
著作者等 藤枝 丈夫
書名ヨミ ゲンダイ シナ ノ コンポン モンダイ
出版元 叢文閣
刊行年月 1938
ページ数 416p
大きさ 23cm
NCID BN13538886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57012225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想