明日の政党論

城南隠士 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 1 政黨否認論の今昔 / 5
  • 2 政黨將來觀の三說 / 7
  • 3 何故政黨は沒落したか / 9
  • 4 日本に憲政は不向か / 10
  • 5 昔は世界一の憲政 / 12
  • 6 憲政初期の日本の姿 / 13
  • 7 明治天皇の御滿足 / 16
  • 8 誰が政黨を腐らせた / 17
  • 9 政治的モヒ中毒 / 18
  • 10 資本主義と政黨 / 19
  • 11 政黨の自殺的行爲 / 21
  • 12 政黨のための國家 / 22
  • 13 憲政常道論の害毒 / 23
  • 14 想起す伊藤公の卓見 / 26
  • 15 政治的無能力者 / 27
  • 16 日本の歷史的轉換 / 28
  • 17 庶政一新の意義 / 31
  • 18 日本の世界的展開 / 32
  • 19 國際非常時の實相 / 33
  • 20 神の掟による外交 / 35
  • 21 群盲象を御す / 37
  • 22 本質的に無能力 / 38
  • 23 政黨を解剖すれば / 39
  • 24 旣に御用濟なり / 41
  • 25 現政局の史的地位 / 42
  • 26 獨裁政治の危險 / 43
  • 27 護憲運動と新政黨 / 45

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明日の政党論
著作者等 城南隠士
書名ヨミ アス ノ セイトウロン
書名別名 Asu no seitoron
出版元 明潮社
刊行年月 昭和12
ページ数 46p
大きさ 19cm
全国書誌番号
44021019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想