信州安曇踊

榛葉太生 著

[目次]

  • 目次
  • 郷土「安曇」及び俚謠「安曇節」の事 / 3
  • 安曇節の唄ひ方 附、樂器の事 / 88
  • 安曇節の踊り方(安曇踊) / 97
  • 安曇踊の始め方(せと合せ) / 117
  • 安曇節作詞法 / 127
  • 安曇節歌詞 / 141
  • 歌詞凡例 / 141
  • 特殊の場合に限り用ゆる歌詞 / 142
  • 踊の場所柄に應じ音頭取が用意すべき歌詞配列の數例 / 144
  • 其一 宮城の花見に / 144
  • 其二 白馬山頂にて / 146
  • 其三 白船溫泉にて / 147
  • 其四 同窓會餘興 / 149
  • 其五 歌の取合せ / 151
  • 安曇節歌詞部門別 / 153
  • 一 山岳(山岳、登山、高原、スキー、キヤンブ) / 153
  • 二 河川(河川、溪谷、[瀧]、湖沼、溫泉) / 158
  • 三 交通(地理、交通、坂及び峠) / 163
  • 四 名所(名[勝]、名木、名石、史蹟) / 178
  • 五 名產(水電、有明やまこ、穗高わきび、靑木花見の鯉、松川みかげ石、名物いろイロ) / 198
  • 六 敬神(神社、寺院、祭禮、信仰) / 205
  • 七 歷史(民間傳說、史實及び人物) / 213
  • 八 風習(風俗、慣習) / 234
  • 九 老若(禿げ頭、娘、嫁) / 242
  • 十 人情(人情、世態、諷剌、戀愛、別離、壓世、悟道、樂天、祝賀) / 246
  • 十一 生活(貧乏、職業、修身、齊家、興世) / 258
  • 十二 時候(春、夏、秋、冬) / 267
  • 十三 農作(苗代、花田、借馬、馬耕、□休み、代、田植、農休み、あと田、田の水、田の草、野菜、蠶、烟草、草刈り、土方、案山子、[收穫]、山仕事、炭燒き、□細工、雜) / 273
  • 十四 天象(日、月、星、夜) / 284
  • 十五 氣象(雲、霞、霧、虹、雨、露、霜、雪、木花、氷、風) / 286
  • 十六 花(梅、櫻、辛夷、桃、菜の花、蒲公英、□□、石南花、藤、茨、牽牛花、種々の花、月見草、桔梗、[蕎]麥の花、紅葉) / 290
  • 十七 木石(草木、岩石) / 294
  • 十八 動物(雉、鶯、雲雀、燕、杜鵑、行々子、水鷄、鷺、梟、日雀、鴉、獸類、蛙、尺[蠖]、蝉、螢、機織り、虫、きりぎりす、鈴虫、魚類) / 295
  • 十九 野遊び(草摘み、花見、蕨、獨活、[笱]、岩魚、きのこ、こんまら、鈴虫捕り) / 301
  • 二十 踊(踊り場、踊り始め、踊らぬ人、[飛]び入り、踊の姿、音頭取、唄、月明、踊半ば、踊さびれる、踊仕舞ひ) / 304
  • 附言 / 314
  • 圖版目次
  • 裝幀 著者
  • 口繪
  • 安曇踊 第一圖(寫眞版) 撮影、東京 高田親義氏
  • 同 第二圖(寫眞版) 同 同
  • 同 第三圖(寫眞版) 同 同
  • 安曇節(音譜、踊の型、足取り)一覧表(オフセツト版) 著者
  • 挿圖
  • 大正池に倒影する穗高岳(寫眞版) 撮影、松本 穗苅三壽雄氏
  • 岩登り(同) 同 同
  • 山上のキヤンビング(同) 同 同
  • 有峯探險(同) 中山喜一氏寄贈寫眞
  • 槍ケ岳に於ける著者の一家(同) 撮影、松本 穗苅三壽雄氏

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 信州安曇踊
著作者等 榛葉 太生
書名ヨミ シンシュウ アズミオドリ
書名別名 Shinshu azumiodori
出版元 安曇踊会
刊行年月 1934.12
版表示 増訂2版
ページ数 316p
大きさ 19cm
全国書誌番号
83090496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想