通貨調節論

深井英五 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 考察の目標 / 1
  • 第一節 由來 / 1
  • 第二節 通貨問題の重要 / 1
  • 第三節 通貨調節の趣旨、手段、範圍 / 6
  • 第二章 考察の態度 / 8
  • 第一節 社會の福社 / 8
  • 第二節 經濟現象の傾向 / 10
  • 第三節 學說の論爭 / 12
  • 第三章 通貨の意義 / 20
  • 第一節 通俗の用例 / 20
  • 第二節 通貨の種類 / 22
  • 第三節 通貨の代用 / 27
  • 第四章 通貨調節の必要 / 31
  • 第一節 本位貨の場合 / 31
  • 第二節 補助貨の場合 / 33
  • 第三節 紙幣の場合 / 36
  • 第五章 通貨制度及思潮の變遷 / 41
  • 第一節 十九世紀以來の一般趨勢 / 41
  • 第二節 英國の制度 / 42
  • 第三節 佛蘭西の制度 / 46
  • 第四節 獨逸の制度 / 48
  • 第五節 日本の制度 / 51
  • 第六節 米國の制度 / 52
  • 第七節 世界戰爭による金本位の破壊 / 57
  • 第八節 戰後整理の趨向 / 59
  • 第九節 保證發行の增加と調節の必要 / 63
  • 第六章 通貨調節の趣旨 / 68
  • 第一節 通貨の價値 / 68
  • 第二節 通貨の價値の表現 / 71
  • 第三節 通貨の價値の變動と其の影響 / 74
  • 第四節 外國爲替相場の變動と其の影響 / 80
  • 第五節 通貨の價値の安定 / 81
  • 第六節 價値安定以外の通貨政策 / 82
  • 第七節 社會福祉の諸要件の調和 / 87
  • 第八節 安定の二意義 / 90
  • 第七章 通貨の價値と通貨の調節 / 92
  • 第一節 對內的関係 / 92
  • 第二節 通貨の價値の測定 / 92
  • 第三節 金の價値と通貨の價値 / 98
  • 第四節 通貨の價値の歷史的性質 / 107
  • 第五節 財貨に對する需要供給 / 109
  • 第六節 通貨に對する需要供給 / 114
  • 第七節 財貨と通貨との對立 / 123
  • 第八章 通貨の對內價値と對外價値 / 140
  • 第一節 對內價値と對外價値との綜合 / 140
  • 第二節 對外價値の測定 / 141
  • 第三節 外國爲替相場の決定と造幣比價 / 145
  • 第四節 爲替市場に於ける需要供給 / 148
  • 第五節 爲替相場變動の原因としての國際收支 / 158
  • 第六節 外國爲替相場と國內經濟事情 / 172
  • 第七節 購買力平價 / 174
  • 第八節 物價と貿易と爲替相場 / 185
  • 第九節 資金の移動と爲替相場 / 186
  • 第十節 金利と爲替相場 / 195
  • 第十一節 爲替相場からの影響 / 200
  • 第十二節 通貨の價値騰落の得失 / 215
  • 第九章 金本位 / 229
  • 第一節 通貨の本質論と金本位 / 229
  • 第二節 通貨の數量と金本位 / 234
  • 第三節 通貨の價値と金本位 / 242
  • 第四節 金本位設定維持の條件 / 252
  • 第五節 單位の切下か通貨の縮小か / 258
  • 第六節 債務國の悲哀 / 275
  • 第七節 金本位の代案 / 278
  • 第八節 金本位の比較的優良性 / 293
  • 第九節 金本位と通貨の調節 / 299
  • 第十節 金の節約 / 305
  • 第十章 在外正貨 / 312
  • 第一節 在外正貨設置の趣旨 / 312
  • 第二節 在外正貨の特徵 / 317
  • 第三節 國際金融の中心市場 / 328
  • 第四節 在外正貨の便益 / 337
  • 第五節 在外正貨に関する誤解 / 348
  • 第六節 在外正貨の弱點 / 365
  • 第七節 在外正貨處理の要諦 / 368
  • 第八節 在外正貨の事實 / 374
  • 第十一章 通貨伸縮の徑路 / 387
  • 第一節 通貨の調節と通貨の伸縮 / 387
  • 第二節 發劵銀行の貸借對照表 / 390
  • 第三節 金及在外正貨保有高の影響 / 396
  • 第四節 貸出高の影響 / 404
  • 第五節 公債所有高の影響 / 408
  • 第六節 株主勘定の影響 / 410
  • 第七節 預金高の影響 / 412
  • 第八節 目前の影響と究極の影響 / 418
  • 第十二章 通貨調節の手段 / 427
  • 第一節 保證發行の伸縮 / 427
  • 第二節 流動性の資金放出 / 436
  • 第三節 資金放出の方法 / 445
  • 第四節 金利政策 / 459
  • 第十三章 信用の伸縮 / 474
  • 第一節 問題の意義 / 474
  • 第二節 銀行取引の影響 / 478
  • 第三節 所謂信用の創造 / 485
  • 第四節 金融の統制 / 496
  • 第十四章 通貨の發行制度 / 516
  • 第一節 發行制度の順應性 / 516
  • 第二節 發行制度改革の動機 / 527
  • 第十五章 經濟活動と通貨の作用 / 535
  • 第一節 國富と通貨 / 535
  • 第二節 實物資本と金融資本 / 541
  • 第三節 金利の關係 / 550
  • 第四節 通貨の作用の局限 / 554
  • 補遺 / 556
  • 英國發行制度の改正 / 556
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通貨調節論
著作者等 深井 英五
書名ヨミ ツウカ チョウセツ ロン
書名別名 Tsuka chosetsu ron
出版元 日本評論社
刊行年月 1928
版表示 10版
ページ数 582p
大きさ 22cm
NCID BA41029732
BA7118444X
BN09115186
BN11741867
BN13003040
BN1326124X
BN15848228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48012719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想