艶筆源氏物語

村松駿吉 著

[目次]

  • 目次
  • 桐壺(きりつぼ)-光源氏出生のこと- / 15
  • 帚木(ははきぎ)-人妻妖しの恋をかたること- / 23
  • 空蟬(うつせみ)-身代りのアプレ娘に手を焼くこと- / 33
  • 夕顔(ゆうがお)-女体の喜びと悲しみを身にしみて知ること- / 41
  • 若紫(わかむらさき)-十才の童女を手なづけること- / 57
  • 末摘花(すえつむはな)-悪女のふかなさけ- / 70
  • 紅葉賀(もみぢのが)-帝のお人よしに源氏感泣すること- / 80
  • 花宴(はなのうたげ)-藤蔓のようにカジリつく娘のこと- / 86
  • 葵(あおい)-今宵女となりぬ紫の上のこと- / 92
  • 賢木(さかき)-藤壺、はまぐりのフタをして尼となること- / 103
  • 花散里(はなちるさと)-闇の中にはずむ娘心のこと- / 113
  • 須磨(すま)-竜王に魅入られたと思うこと- / 118
  • 明石(あかし)-入道の娘の掘膳に酔うこと- / 126
  • 澪標(みおつくし)-ふたたび咲く花々のこと- / 135
  • 蓬生(よもきふ)-恨まれても捨てがたい女のこと- / 143
  • 関屋(せきや)-人妻という名の悲しい女のこと- / 148
  • 絵合(えあわせ)-浮世の無情をしること- / 153
  • 松風(まつかぜ)-紫の上のヤキモチに手を焼くこと- / 157
  • 薄雲(うすぐも)-女には二ツの型があること- / 168
  • 朝顔(あさがお)-女女のまぼろしに責められること- / 175
  • 少女(おとめ)-親に以た息子の女好きのこと- / 185
  • 玉鬘(たまかつら)-夕顔の忘れ片身の玉鬘のこと- / 193
  • 初音(はつね)-恋の罪深さをなげくこと- / 196
  • 胡蝶(こちよう)-どうのも堪らなくなつて口説き出す源氏にこと- / 200
  • 螢(ほたる)-父とは恋をせぬものとのこと- / 204
  • 常夏(とこなつ)-蒔いたタネは苅らずにはいられないこと- / 208
  • 篝火(かがりび)-ペツチングまでは父子はいけないこと- / 211
  • 野分(のわき)-夕霧が紫の上に恋すること- / 214
  • 御幸(みゆき)-昔の色事を曝露され頭中将かおを赤くすること / 221
  • 藤袴(ふじばかま)-男心のインチキをかずかず教えること- / 227
  • 真木柱(まきばしら)-髯黒の大將に玉鬘が泣かされること- / 231
  • 梅枝(うめがえ)-男性のエゴイズムを知る雲井の雁のこと- / 246
  • 藤裏葉(ふじのうらは)-自由は権力の上にだけある世界のこと- / 249
  • あとがき / 255

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 艶筆源氏物語
著作者等 村松 駿吉
書名ヨミ エンピツ ゲンジ モノガタリ
シリーズ名 艶筆文庫 ; 第1
出版元 文芸評論社
刊行年月 1956
ページ数 256p
大きさ 18cm
全国書誌番号
56011967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想