龍樹 : あるように見えても「空」という

石飛道子 著

[目次]

  • 第1章 龍樹伝説と龍樹の主要作品(謎の人物龍樹
  • 『大般涅槃経』は道しるべ ほか)
  • 第2章 ブッダの縁起と龍樹の中道(論理と法の地で
  • 縁起と無我 ほか)
  • 第3章 中道の論理と空の世界(聖者の世界へ)(後のものを先にしてはならない
  • あるがままに観察すると ほか)
  • 第4章 仮説と四句分別の論理(凡夫の世界へ)(縁起と空性と仮説
  • 『般若心経』も空性を説く ほか)
  • 第5章 無諍の立場と菩薩行(思想の花咲く龍樹の時代
  • ほんとうに論争はあったのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍樹 : あるように見えても「空」という
著作者等 石飛 道子
書名ヨミ リュウジュ : アル ヨウニ ミエテモ クウ ト イウ
書名別名 Ryuju
シリーズ名 構築された仏教思想
出版元 佼成出版社
刊行年月 2010.9
ページ数 133p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-333-02461-2
NCID BB0373999X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21822727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想