少年不良化の原因と其対策  第2輯

日本少年指導会幼少年教化研究部 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 一 序論 / 1
  • 犯罪學の歷史的推移 / 2
  • 素因環境問題 / 3
  • 我が研究部の課題 / 6
  • 研究方法 / 7
  • 二 犯罪少年の精神醫學的鑑別 / 8
  • 犯罪者分類の諸樣式 / 8
  • 精神醫學的分類 / 10
  • 病的人格 / 11
  • 病的人格の診斷 / 15
  • 病的人格の身體的基地 / 16
  • 病的人格の類型學 / 17
  • 吾が研究部に於ける調査成績 / 28
  • 具體例
  • 第1 2例 鈍感型意志不定症(分裂性精神病質?)
  • 第3例 鈍感型意志不定症兼病的衝動?(癲癇性精神病質) / 35
  • 第4例 魯鈍兼鈍感型意志不定症兼空想症 / 37
  • 第5例 魯鈍兼鈍感型意志不定症兼(ひすてりー性反應) / 40
  • 第6、7例 放逸型意志不定症(循環性精神病質?) / 42
  • 第8例 刺戟型意志不定症(分裂性精神病質?) / 47
  • 第9例 單一型意志不定症(先天潜在黴黴毒) / 50
  • 第10例 懦弱型意志不定症 / 52
  • 第11、12例 魯鈍兼懦弱型意志不定症(癲癇性體質?) / 55
  • 第13例 魯鈍兼(癲癇體質) / 61
  • 第14例 氣分易變性病的人格 / 64
  • 第15例 病的衝動(腦炎後性?) / 66
  • 第16例 性慾倒錯 / 67
  • 第17例 稍性格異常兼(癲癇性體質?) / 70
  • 第18、19、20、21例 稍性格異常? / 72
  • 三 犯罪少年の身體狀態 / 80
  • 一般發育狀態 / 80
  • 體型 / 82
  • 身體的諸疾患 / 83
  • 血液ワ氏反應並びに黴毒 / 84
  • 血液型 / 84
  • 所謂變質徵候 / 85
  • 植物神經障碍 / 85
  • 四 犯罪少年の累犯豫後 / 86
  • 累犯豫後の定義及び累犯豫後研究の意義 / 86
  • 豫後調査の方法 / 89
  • 調査資料の形式的分類 / 91
  • 豫後經過槪要 / 92
  • 精神醫學的診斷と豫後經過 / 99
  • 累犯豫後判定の基準 / 106
  • 五 結語 / 116

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少年不良化の原因と其対策
著作者等 日本少年指導会
日本少年指導会幼少年教化研究部
書名ヨミ ショウネン フリョウカ ノ ゲンイン ト ソノ タイサク
巻冊次 第2輯
出版元 日本少年指導会
刊行年月 昭12.5-14.7
ページ数 2冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
46058024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想