労働法要論

児玉兼道 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 法學博士 中村萬吉
  • 自序
  • 第二版自序
  • 第一章 序論 / 1
  • 一 現代の社會經濟と法秩序 / 1
  • 二 勞働法思想の史的發展 / 4
  • 三 現代勞働法の基本觀念 / 22
  • 四 社會主義及び社會政策と勞働法の關係 / 31
  • 第二章 勞働法の意義 / 39
  • 一 勞働法の定義 / 39
  • 二 勞働法に於ける勞働の槪念 / 40
  • 三 被傭者並に雇主 / 50
  • 第三章 勞働法の本質及び目的 / 59
  • 一 勞働法の本質 / 59
  • 二 勞働法の目的 / 68
  • 第四章 勞働法典並に勞働法の淵源 / 71
  • 一 勞働法典 / 71
  • 二 勞働法の淵源 / 74
  • 第五章 勞働法の方法論 / 78
  • 第六章 勞働契約 / 83
  • 一 勞働契約の本質 / 83
  • 二 勞働契約の締結 / 94
  • 三 被傭者の義務 / 98
  • 四 雇主の義務 / 102
  • 五 勞働契約の終了 / 106
  • 第七章 勞働協約 / 110
  • 一 勞働協約の發達 / 110
  • 二 勞働協約の槪念 / 113
  • 三 勞働協約の締結 / 122
  • 四 勞働協約の內容 / 126
  • 五 勞働協約の効力 / 130
  • 六 勞働協約の期間及び終了 / 140
  • 第八章 勞働組合 / 143
  • 一 序說 / 143
  • 二 勞働組合の意義及び沿革 / 146
  • 三 勞働組合の法律的性質 / 158
  • 第九章 勞働爭議並勞働爭議調停 / 166
  • 一 勞働爭議 / 166
  • 二 勞働爭議調停 / 179
  • 三 我國勞働爭議調停法の要旨 / 193
  • 第十章 勞働者保護 / 200
  • 一 序說 / 200
  • 二 勞働者保護の法律的性質 / 203
  • 三 勞働者保護法の內容 / 207
  • 四 我國勞働者保護法の要旨 / 212
  • 第十一章 社會保險 / 220
  • 一 社會保險の槪念 / 220
  • 二 社會保險の本質 / 222
  • 三 社會保險立法の小沿革 / 225
  • 四 我國健康保險法の要旨 / 232
  • 我國現行勞働法規一覽 / 239
  • 內容總索引 / 247

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働法要論
著作者等 児玉 兼道
書名ヨミ ロウドウホウ ヨウロン
出版元 中西書房
刊行年月 昭和5
版表示 訂再版
ページ数 261p
大きさ 23cm
NCID BA43105139
BN05722176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47027331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想