編訳彙報  第76編 全國經濟委員會會議紀要(第八集)

中支建設資料整備委員会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 會議紀要 / 1
  • 第二 議事日程及び決議案 / 3
  • 第三 報告事項 / 6
  • 第一節 第二次會議決議案處理狀況 / 6
  • 第二節 第二次會議後本會取扱重要事項報告 / 15
  • 第三節 民國二十四年度揚子江河水防禦簡要報告 / 18
  • 第四節 民國二十四年度水災後に於ける決潰口閉鎖及び堤防修理竝に排水處理狀況報告 / 62
  • 第五節 民國二十四年度水利事業進行狀況報告 / 69
  • 第六節 黃河董莊決潰口條理經過狀況 / 85
  • 第七節 行政院の命令に依る孔祥榕常務委員の董莊に於ける黃河決潰修理引繼工事狀況報告 / 93
  • 第八節 孔祥榕常務委員の最近董莊黃河決潰口修理工事狀況報告 / 96
  • 第四 討論事項 / 97
  • 第一節(提案一) 韓国鈞委員、董莊黃河決潰口閉鎖工事は、既に水利工程學會に於いて、再三調査の結果、放水路修正計畫を起草したが、これは採用するに足るとの提議、又韓委員等は行政院に對して、董莊放水路掘鏧計畫の各圖說を一括して、討論するやう申請し、議決を請ふ案 / 97
  • 第二節(提案二) 經濟委員會祕書處より文書を以て、水利處の起案に係る水利建設方針六原則及び建設大綱を送附し來り、全國水利建設方針を確定することに付き議決を請ふ案 / 98
  • 第三節(提案三) 經濟委員會より文書を以て、水利處が水利文獻整理委員會の組織方法を起案して、水利文獻の整理を期することの議決を請ふ案 / 98
  • 第四節(提案四) 韓復榘委員より十五日電報にて回答あり、水災公債豫約券に就いでは、抵當に入れて借りた工事費一百五拾萬元は決潰口修理工事の完了を俟つて、殘額を堤防復舊工事にあて、若し不足ならば、水利委員會民國二十五年度水利事業費より借入れ、十日の代電所載の四項工事は、今暫く待つて貫ひたいが、如何なものかとの電文をこゝに抄寫し、議決を請ふ案 / 98

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 編訳彙報
著作者等 中支建設資料整備委員会
書名ヨミ ヘンヤク イホウ
書名別名 Hen'yaku iho
巻冊次 第76編 全國經濟委員會會議紀要(第八集)
出版元 中支建設資料整備委員会事務所編訳部
刊行年月 昭和15-17
ページ数 70冊
大きさ 22-27cm
全国書誌番号
46042650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想