労働年鑑  昭和22年版

中央労働学園 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 / 1
  • 產業槪觀 / 3
  • 敗戰後當面するに至つた日本經濟の諸條件について / 3
  • 終戰後における我國產業活動 / 12
  • 生產と雇傭 / 21
  • 勞働政策槪觀 / 25
  • 總說 / 25
  • 戰時勞働態勢の廢止 / 29
  • 戰後勞働行政の民主化對策 / 31
  • 勞働運動の保護と規制 / 42
  • 勞働保護政策 / 63
  • 雇傭對策 / 68
  • 第二部 / 77
  • 勞働者狀態 / 79
  • 勞働人口 / 79
  • 勞働日數 / 81
  • 勞働時間 / 82
  • 終戰後における賃銀增額の傾向 / 83
  • 賃銀、諸手當の形態 / 87
  • 日本民主化を阻むもの / 98
  • 住宅問題と通勤問題 / 101
  • 勞働者の健康狀態と職務災害 / 109
  • 失業 / 119
  • 槪觀 / 119
  • 失業狀況 / 121
  • 失業對策 / 126
  • 勞働者の生計 / 155
  • 物價の昻騰と闇の橫行 / 155
  • 生計費の推移並に金融措置の影響 / 165
  • 若干の勞働者家計の實例 / 174
  • 消費者協同組合の再[興] / 185
  • 勞働組合 / 193
  • 勞働組合運動の蘇生 / 193
  • 勞働組合の組織狀況 / 194
  • 主要勞働組合の狀勢 / 198
  • 勞働組合の運動 / 211
  • 主要勞働組合の結成大會 / 225
  • 經營者團體 / 237
  • 經營者團體整備のための努力 / 237
  • 經營者團體の性格 / 238
  • 經營者團體の活動 / 238
  • 團體協約 / 240
  • 締結狀況 / 242
  • 締結事項 / 243
  • 協約の事例 / 245
  • 經營協議會 / 253
  • 性格 / 253
  • 權限 / 254
  • 構成 / 255
  • 勞働爭議 / 261
  • 一般爭議 / 265
  • 生管爭議 / 283
  • ゼネスト / 293
  • 政黨運動 / 315
  • 新黨の結成 / 316
  • 第八十九臨時議會と總選擧前の政治情勢 / 325
  • 總選擧と第九十臨時議會 / 327
  • 民主戰線統一問題 / 347
  • 農業問題 / 356
  • 終戰後における日本農業の動向 / 356
  • 食糧危機の推移 / 364
  • 農政の劃期的展開 / 381
  • 農民運動 / 391
  • 終戰前の農民運動 / 392
  • 農民運動勃興の諸因 / 394
  • 農民組合の一般狀況 / 395
  • 農民組合の運動 / 402
  • 主要農民組合運動事例 / 406
  • 小作爭議 / 416
  • 爭議の一般槪況 / 416
  • 小作爭議發生原因 / 419
  • 爭議手段 / 420
  • 結末 / 420
  • 爭議事例 / 421
  • 勞働者敎育 / 425
  • 單位勞働組合及その聯合體の敎育活動 / 426
  • 私、私團體及政黨の敎育 / 428
  • 官廳及經營者側の敎育 / 430
  • 第三部 / 433
  • 海外勞働問題槪況 / 435
  • 國際勞働運動の復活 / 435
  • 合衆國の勞働爭議對策 / 440
  • 英國勞働黨內閣成立 / 458
  • 戰後ソ聯の勞働問題 / 467
  • 戰後中國の勞働運動 / 478
  • 附錄

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働年鑑
著作者等 中央労働学園
桂労働関係研究所
社会文化研究所
鈴木 輝曉
書名ヨミ ロウドウ ネンカン
書名別名 Rodo nenkan
巻冊次 昭和22年版
出版元 中央労働学園
刊行年月 昭和22-24
ページ数 3冊
大きさ 22cm
NCID BN09769965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46012804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想