敬天寮の君子たち

乾信一郎 著

[目次]

  • 目次
  • 敬天寮は養魚場でないこと / 10
  • 春浅く、頭から冷水を浴びせられること / 48
  • 飛行機乗りと大政治家が春の野で取組み合いをすること / 70
  • 「可哀想な子」は益々元気でやつてること / 105
  • 黒い男が黒ん坊大会で何故優勝出来なかつたか / 131
  • 寮長さんの頭は石頭なりや / 158
  • 天を相手にしていると泥棒にあやまられること / 190
  • 雪の山中で君子たちの心がとけ合うこと / 221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 敬天寮の君子たち
著作者等 乾 信一郎
書名ヨミ ケイテンリョウ ノ クンシタチ
シリーズ名 東方新書
出版元 東方社
刊行年月 1956
ページ数 245p
大きさ 18cm
全国書誌番号
56004859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想