櫛田民蔵全集  第3巻 農業問題

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇 地代論爭
  • 第一章 マルクス勞働價値說の擁護 / 9
  • 第二章 差額地代と價値法則 / 56
  • 第三章 マルクス批判者のマルクス地代論 / 63
  • 第四章 差額地代と平均利潤 / 93
  • 第五章 近代地主的土地所有の辯護について / 102
  • 第六章 マルクス批判の必然性 / 118
  • 第七章 ブルヂョア民主々義革命の一圖表としての「差額地代表」 / 149
  • 第八章 河上博士に答ふ--併せて野呂氏へ / 158
  • 第九章 河上博士の地代論 / 168
  • 第十章 河本氏の地代論 / 193
  • 第十一章 「地代論爭鳥瞰」を評す / 217
  • 第十二章 リュビーモフ「地代論」の紹介 / 255
  • 第十三章 差額地代論 / 268
  • 第一節 資本主義地代 / 268
  • 第二節 差額地代論--リュビーモフ「地代論」批評にことよせて-- / 270
  • 第三節 剩餘價値創造の原因とその形態轉化の原因 / 297
  • 第十四章 地代史論 / 299
  • 第一節 地代史論の構造 / 299
  • 第二節 地代の歷史的諸形態 / 306
  • 第三節 過渡期における現物納地代の意義 / 310
  • 後篇 日本農業の特質
  • 第十五章 わが國小作料の特質について / 327
  • 第十六章 小作料の地代範疇について / 361
  • 第十七章 代金納は現物年貢の假裝なりや / 392
  • 第十八章 日本農業に於ける資本主義の發展 / 436
  • 第十九章 最近時に於ける土地所有の移行 / 453
  • 第二十章 米生產費について / 488
  • 第二十一章 米穀生產費に關するノート / 536
  • 第二十二章 飯米ありがすれの意義 / 566

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 櫛田民蔵全集
著作者等 櫛田 民蔵
書名ヨミ クシダ タミゾウ ゼンシュウ
巻冊次 第3巻 農業問題
出版元 改造社
刊行年月 昭和22
ページ数 3冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
46008416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想