京の古寺歴史探訪 : 京都文化の深層

村井康彦 著

日本の歴史と文化を彩った京都の古寺を、著者独自の視点から探訪、説き起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代・王朝寺院の展開-平安遷都から平家滅亡まで(東寺 明暗をわけた寺運-東寺と西寺
  • 神護寺-和気氏二代-時代の転換者
  • 清水寺 田村麻呂とアテルイ-古代東北の英雄 ほか)
  • 第2章 中世・寺院社会の諸相-鎌倉から室町へ(法界寺 遁世の条件-日野山の長明
  • 浄瑠璃寺-当尾の石仏-南都復興の余響
  • 東福寺 東福寺のDNA ほか)
  • 第3章 近世・寺院文化の条件-応仁の乱から近世へ(妙心寺 妙心寺の「算盤面」-雪江宗深の事績
  • 龍安寺 応仁の乱二題-細川勝元の時代
  • 大徳寺 三十年飽参の従-利休と大徳寺 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京の古寺歴史探訪 : 京都文化の深層
著作者等 村井 康彦
書名ヨミ キョウ ノ コジ レキシ タンボウ : キョウト ブンカ ノ シンソウ
出版元 淡交社
刊行年月 2010.9
ページ数 307p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-473-03672-8
NCID BB0331579X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21819534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想