語録のことば  続 (『碧巌録』と宋代の禅)

小川隆 著

宗門第一の書『碧巌録』と宋代禅の特質を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『碧巌録』を読む(書物としての『碧巌録』
  • 『碧巌録』の構成 ほか)
  • 第2章 馬祖と百丈「野鴨子」の話-作用即性説批判(昭昭霊霊と驢前馬後
  • 百丈大悟の因縁)
  • 第3章 法眼「汝は是れ慧超」-〓(そっ)啄同時の機(如何なるか是れ仏
  • 丙丁童子来たりて火を求む ほか)
  • 第4章 趙州「万法帰一」-無事禅批判と無事の理念(青州の布衫重さ七斤
  • 庭前の柏樹子 ほか)
  • 第5章 西院と天平「両つの錯り」-無事と活句(錯!
  • 西院思明 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語録のことば
著作者等 小川 隆
書名ヨミ ゴロク ノ コトバ
書名別名 『碧巌録』と宋代の禅

Goroku no kotoba
巻冊次 続 (『碧巌録』と宋代の禅)
出版元 禅文化研究所
刊行年月 2010.7
ページ数 261p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88182-253-1
NCID BB0309298X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21889661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想