戦争を伝えることば

品川正治, 清水眞砂子 著

若者に戦争は伝えられるか!?語りにくい体験を「孫娘」に伝えようと品川氏は言葉をさがし、展望の見えぬ「平和な」社会にいら立つ若者を前に清水氏は佇む。ふたりの講演と対話には、どうしても届けたい言葉が溢れている。青山学院大学主催「戦争体験の継承と平和認識」講演と対話の報告集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 孫娘に語った戦争体験(戦時下の特異な高校生活
  • 死ぬまでに『実践理性批判』を読んでおきたかった
  • 中国大陸の最前線で実戦を体験する ほか)
  • 2 平和を生きのびる(「平和を生きのびる」ことも難しい
  • 「戦争体験者がうらやましい」という学生たち
  • 心身共に健康な状態で生きられることが前提 ほか)
  • 3 対話 戦争は語り継げるか(「人を殺す」ことの戦中と今
  • 戦争の時代を「狂気」で括れるか
  • 今の社会の若者たち ほか)
  • 附 過去三回のフォーラムの記録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争を伝えることば
著作者等 品川 正治
清水 真砂子
清水 眞砂子
書名ヨミ センソウ オ ツタエル コトバ : イラダツ ワカモノ オ マエ ニ シテ
書名別名 いらだつ若者を前にして
出版元 かもがわ
刊行年月 2010.8
ページ数 146p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7803-0379-7
NCID BB03099559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824107
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想