社会政策の基本問題

大河内一男 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 前篇 社會政策の基本問題
  • 一 社會政策の形而上學--エドゥアルト・ハイマンの社會政策論を評す-- / 3
  • 第一節 社會政策論に於ける傳統の崩壞 / 3
  • 第二節 エドゥアルト・ハイマンに於ける社會政策論の構造 / 16
  • 第三節 批判 / 43
  • その一 社會政策に於ける「二重性」の問題 / 43
  • その二 社會政策に於ける「主體」の問題 / 67
  • その三 社會政策に於ける「限界」の問題 / 76
  • 第四節 社會政策と資本制經濟 / 88
  • その一 社會政策の經濟的必然性 / 88
  • イ 直接の生產行程より生ずる社會政策の必然性
  • ロ 經濟の總行程より生ずる社會政策の必然性
  • ハ 勞働力の「本源的蓄積」行程としての社會政策
  • ニ 社會政策の經濟的必然性の齎す諸效果
  • その二 社會政策の社會的必然性 / 134
  • その三 社會政策の成立を促すその他の諸要因に就て / 141
  • 結語 / 144
  • 二 社會政策に於ける生產と分配--社會政策の構造に關する二三の考察-- / 150
  • 三 勞働保護立法の理論に就て / 185
  • 序言 / 185
  • 第一節 勞働者保護の必然性 / 189
  • 第二節 勞働力の順當なる保全 / 218
  • 第三節 勞働者保護法とその他の社會政策立法との關係 / 232
  • イ 自然的存在より社會的存在へ / 232
  • ロ 勞働保險立法 / 245
  • ハ 「解放立法」 / 255
  • 結言 / 259
  • 後篇 社會政策と日本經濟
  • 一 社會政策と福利施設 / 267
  • 二 危機に於ける社會政策の形態 / 296
  • 三 社會政策の日本的形態 / 314
  • 四 人的資源と社會立法 / 329
  • 五 我國に於ける社會事業の現在及び將來--社會事業と社會政策の關係を中心として-- / 346
  • 六 社會政策と統制經濟 / 379
  • 七 「休養」の社會的意義 / 402
  • 八 失業と轉業 / 423
  • 九 職業輔導の現代的意義 / 442
  • 十 賃銀統制の論理 / 459

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 社会政策の基本問題
著作者等 大河内 一男
書名ヨミ シャカイ セイサク ノ キホン モンダイ
出版元 日本評論社
刊行年月 1940.12
版表示 増補
ページ数 476p
大きさ 23cm
NCID BA73332457
BN03835568
BN05578014
BN06152823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82090645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想