フンころがしの生物多様性 : 自然学の風景

塚本珪一 著

排泄物や死骸を糧とするフンころがし(フン虫)は、自然界の底辺で壮大な循環を支える貴重な生き物だ-。長年にわたってフィールドワークを重ねてきた第一人者が、フンころがしと生物多様性の切っても切れない世界観を、つぶさに確かめ描きなおす、ユニークな昆虫記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自然学への道(今西錦司先生の「自然学」を読む
  • 遠い日々の記憶・原風景
  • 京都北山・糞虫の発見
  • 私の自然学への道)
  • 2 「フンころがし自然学」の風景(ファーブル『昆虫記』は自然学
  • 聖なる虫=スカラベ
  • 糞虫考
  • 糞虫考現学
  • 糞虫の種社会・分布
  • 糞虫地理学から風景論はの展開
  • 糞虫と野生動物の創る風景
  • 糞虫の生息空間
  • 糞虫の道=生態回廊
  • 都市・里山の風景論
  • 京都御苑の自然学・風景
  • 散歩道・雲母の森から)
  • 3 日本列島の自然学の風景-フィールドノートより(オホーツクの風景
  • 北の島の風景 利尻・礼文・トド島
  • イーハトーブの糞虫たち
  • 生と死の連鎖を見た日
  • 「山の牧場」の風景
  • 蓼科山のふもとから
  • 糞虫の聖域=奈良
  • 高地性コウチュウについて
  • 近畿圏の特異性
  • 冠島・無人島・生と死の風景
  • 兵庫県から宮古島・台湾
  • 三瓶山「山の牧場」・ダイコクコガネ
  • 隠岐の糞虫
  • 対馬紀行
  • 四国・糞虫のいる風景
  • アカマダラセンチコガネとムネアカセンチコガネ
  • 屋久島・世界遺産の島
  • 北海道から南西諸島までの物語)
  • 4 生きもの社会再考(群・家族・種社会
  • 食の順位のモデル
  • 種社会の構造とモデル
  • ビオトープと種社会)
  • 5 二一世紀「生物多様性社会」の構築(マンダラ=モデルという考え方
  • 生物多様性社会から共生へ
  • 絶滅危惧のフンころがしたち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フンころがしの生物多様性 : 自然学の風景
著作者等 塚本 珪一
書名ヨミ フンコロガシ ノ セイブツ タヨウセイ : シゼンガク ノ フウケイ
出版元 青土社
刊行年月 2010.9
ページ数 278p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6565-2
NCID BB03216630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想