郷土地理研究

内田寛一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 緖論
  • 第一章 郷土研究の趨勢とその着眼點 / 1
  • 第二章 郷土の地理學的研究の方向 / 11
  • 第三章 郷土地理研究の槪觀 / 20
  • 第二編 郷土人の衣、食、住
  • 第一章 住家 / 31
  • 第一 住家と家相 / 31
  • 第二 家屋の種類 / 42
  • 第三 家屋の屋根 / 55
  • 第四 家屋の壁 / 69
  • 第五 家屋の床 / 78
  • 第六 家屋用材の塗料 / 86
  • 第七 家屋の構造と地震 / 89
  • 第八 家屋の規模及び形式(一) / 96
  • 第九 家屋の規模及び形式(二) / 111
  • 第十 家屋の間取 / 119
  • 第十一 家屋の向き / 131
  • 第十二 家屋に對する防禦設備 / 141
  • 第二章 郷土人の服裝 / 150
  • 第一 衣服の材料 / 150
  • 第二 衣服の樣式 / 155
  • 第三 冠りもの / 161
  • 第四 履物 / 165
  • 第五 冠婚葬祭の服裝 / 168
  • 第三章 郷土人の食物 / 172
  • 第一 主食物 / 172
  • 第二 副食物 / 182
  • 第三 嗜好物 / 193
  • 第四 食物の種類と郷土及郷土人 / 197
  • 第五 年中行事と食物 / 201
  • 第六 食器 / 203
  • 第四章 郷土人の燃料 / 205
  • 第一 炊事用燃料 / 205
  • 第二 暖房用燃料 / 210
  • 第五章 郷土人の上水 / 211
  • 第一 上水の樣々 / 211
  • 第二 水神の信仰 / 222
  • 第三 水と聚落 / 223
  • 第六章 結尾 / 229
  • 第三篇 附說
  • 第一章 郷土地理研究の本質 / 233
  • 第一 郷土研究と郷土地理 / 233
  • 第二 世界地理研究と郷土地理研究 / 237
  • 第三 一般性と特殊性の意義 / 243
  • 第四 郷土地理研究の要諦 / 246
  • 第五 分析的研究の必要 / 253
  • 第六 郷土地理敎育の眼目 / 257
  • 第七 郷土の意義及び範圍 / 263
  • 第八 郷土の範圍と地方的特色 / 268
  • 第九 郷土の範圍と其の他の種々相 / 272
  • 第二章 ホーム、ジオーグラフイーの意義及び其の利用について / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 郷土地理研究
著作者等 内田 寛一
書名ヨミ キョウド チリ ケンキュウ
書名別名 Kyodo chiri kenkyu
出版元 雄山閣
刊行年月 昭和8
ページ数 286p
大きさ 22cm
NCID BN08686410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46082663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想