橋のない川  第4部

住井すゑ 著

入隊後シベリア出兵に加わり、生死の気づかわれる誠太郎。新たな道を求めて、ふるさとを再び離れる秀昭。"小森"に踏みとどまる孝二。そして、大阪で働く清一と、難波の遊廓に身を落したしげみの上におこる思いがけぬ事件…。時代の大きなうねりの中で、「部落」と「差別」を自らの手で打ち砕こうと、秀昭、隣村の和一を先頭に、孝二、貞夫らの青年たちが、新たな運動を開始する。その気運はやがて全国律々浦々へと広がっていった。全国水平社結成-屈辱にまみれ、虐げられてきた人々が、真の自由、平等、正義を求めて、雄々しく歩きはじめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 長篇小説橋のない川(4)
  • 目次
  • 若竹 / 5
  • 勲章 / 37
  • 井伊大老の首 / 61
  • 餓鬼談義 / 83
  • 風 / 111
  • 早春賦 / 155
  • 火のある火鉢 / 196
  • 穂麦 / 217
  • 蜘蛛 / 243
  • 黎明 / 276
  • あとがき / 294

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 橋のない川
著作者等 住井 すゑ
書名ヨミ ハシ ノ ナイ カワ
巻冊次 第4部
出版元 新潮社
刊行年月 1964
版表示 〔新装決定版〕
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4103111119
NCID BA91553163
BA59399119
BN0811886X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想