現代大都市論

奥井復太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 都市の本質 / 1~25
  • 第一節 都市とは何ぞや / 1~11
  • 第二節 都市の特質 / 11~19
  • 第三節 都市の成立 / 19~25
  • 第一章 都市理論・都市社會學 / 26~142
  • 第一節 都市硏究 / 27~32
  • 第二節 都市社會學 / 32~68
  • 第三節 米國都市と都市社會學 / 68~84
  • 第四節 人口學と社會生態學 / 84~118
  • 第五節 現代都市の經濟理論 / 118~141
  • 第二章 現代の典型的大都市 / 143~249
  • 第一節 都市の發展 / 143~158
  • 第二節 大都市生活圈 東京都市生活圈の調査 / 158~204
  • 第三節 大都市と郊外 現代鎌倉町の硏究 / 204~238
  • 第四節 巨大都市が現代都市の典型たる所以 / 238~249
  • 第三章 大都市の地域的構成 / 250~466
  • 第一節 緖論 / 250~256
  • 第二節 地域・景觀・社會 / 256~299
  • 第三節 都心地區の形成 ビルディング街の發展 / 300~319
  • 第四節 「盛り場」及び商店街 都市に於ける中心地域の構成 / 319~353
  • 第五節 郊外地(一) 郊外社會の性質 / 354~387
  • 第六節 郊外地(二) 郊外社會の變質 (鎌倉町調査) / 387~434
  • 補遺 地域的社會調査の方法 / 435~466
  • 第四章 大都市社會・其の構成と特質 / 467~595
  • 第一節 大都市の社會的構成 / 467~486
  • 第二節 都市生活の社會的基礎 / 487~514
  • 第三節 都會的人格・典型と市民 / 515~566
  • 第四節 都市生活の反社會性 / 566~581
  • 第五節 大都市文化と農村文化 / 581~595
  • 第五章 都市計畫 / 596~725
  • 第一節 都市計畫の社會・精神的意義 / 596~612
  • 第二節 全體と部分(二種の都市計畫) / 612~657
  • 第三節 理想都市論と地域社會の單位集團 / 657~708
  • 第四節 計畫性と其の社會・政治的性格 / 708~725
  • 結論 現代大都市の文化と問題 / 726~743

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代大都市論
著作者等 奥井 復太郎
書名ヨミ ゲンダイ ダイトシ ロン
出版元 有斐閣
刊行年月 1940
版表示 復刻版
ページ数 743p 地図
大きさ 23cm
ISBN 4641073023
NCID BN04933030
BN07369831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53009925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想