児童教育講座  第12

桐原葆見著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 職業指導と就職後の輔導 / 1
  • 一 職業指導の意圖と職能 / 1
  • 二 指導と輔導と / 4
  • 三 職業指導運動の發達 / 6
  • 第二章 何故職業指導は必要であるか / 13
  • 一 靑少年の選職事情 / 13
  • 二 職業志望と職業成熟 / 17
  • 三 生產力の配置 / 20
  • 四 職業人の敎育 / 22
  • 第三章 如何に指導すべきか / 28
  • 一 職業を識る 社會的、經濟的考察 心理學的考察 醫學的、衞生的考察 敎育的、倫理的考察 民族的、國家的並に鄕土的考察 職業記錄 / 28~44
  • 二 人を識る 個性の把握 醫學的調査 心理學的調査 環境の調査 / 45~58
  • 三 職業への敎育 大綱 興味と技術 一般陶冶と技術陶冶 鄕土敎育と職業指導 職業の倫理學化 職業的陶冶の方法 / 59~67
  • 四 選職及び就職の相談 消極的指導 / 67~69
  • 五 女子の職業適性 職業への進出增大 女子の智能 職業上の欲求と關心 女子の特性 / 70~80
  • 第四章 何故就職後の輔導は必要であるか / 81
  • 一 現代產業に於ける作業及勞働の特徵 作業の心理學的考察 作業方法の機械化 作業の分割 速度の强化 勞働制度 隷屬關係 / 82~96
  • 二 勞働の心身發達に及ぼす影響 身體發育に及ぼす影響 罹病率 女子の生理的週期 智能の發達への影響 生產能力 人格の構造に及ぼす影響 / 96~123
  • 三 勞働靑少年の心理 勞働靑少年の生活の不安 現實的個人主義 勞働不安 現下の靑少年の勞働狀態 / 123~129
  • 四 勞働靑少年輔導の必要性 人道上の立場から 敎育上の立場から 產業上の立場から 民族の保健のために / 129~133
  • 第五章 如何に輔導すべきか / 134
  • 一 少年勞働の最低限界 / 134
  • 二 職業相談所 / 140
  • 三 實業補習敎育 / 142
  • 四 『徒弟の家』 / 153
  • 五 個別的追隨輔導 / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 児童教育講座
著作者等 桐原 葆見
書名ヨミ ジドウ キョウイク コウザ
書名別名 職業指導と就職後の輔導
巻冊次 第12
出版元 叢文閣
刊行年月 昭10
ページ数 171p
大きさ 19cm
NCID BN09396325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47022885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想