親族家族間に起るべき法律実際問題の解決

岩崎高敏 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 總說 / 1
  • 第一章 先づ家庭の平和と幸福 / 1
  • 第二章 何事もこれ法律行爲 / 3
  • 第三章 本書に掲ぐる內容 / 5
  • 第二篇 無能力者と失喪者 / 9
  • 第一章 私權とその享有 / 9
  • 第二章 行爲能力と無能力者 / 12
  • 第三章 住所と居所 / 26
  • 第四章 失踪に對する手續 / 28
  • 第三篇 親族及び戶主と家族 / 33
  • 第一章 親族の範圍 / 33
  • 第二章 戶主と其家族間の心得 / 36
  • 第三章 戶主家族間の權利と義務 / 41
  • 第四章 戶主權を喪失する場合 / 42
  • 第四篇 婚姻及び離婚心得 / 48
  • 第一章 婚姻の要件と無效取消 / 48
  • 第二章 夫婦の財產を區別する制度 / 55
  • 第三章 離婚を爲す方法手續 / 61
  • 第一節 協議の上でする離婚 / 61
  • 第二節 裁判所へ離婚の訴へ / 63
  • 第五篇 親子間の自分の得喪 / 68
  • 第一章 實子の身分關係 / 68
  • 第二章 庶子及び私生子の身分 / 71
  • 第三章 養子の縁組と效力 / 74
  • 第四章 養子を離縁するとき / 79
  • 第六篇 親權及び之に從ふ者の心得 / 87
  • 第一章 親權者と其親權の效力 / 87
  • 第二章 親權を喪失する場合 / 96
  • 第七篇 後見を設くる場合 / 99
  • 第一章 後見人と後見監督人 / 99
  • 第二章 後見人の執るべき事務 / 107
  • 第三章 後見人の終了と其際の手續 / 111
  • 第八篇 親族會の組織と權限 / 114
  • 第九篇 親族相互に扶養の義務 / 119
  • 第十篇 家督相續の場合 / 126
  • 第一章 家督相續の原因と權利者 / 126
  • 第二章 家督相續をしたら何うなるか / 137
  • 第十一篇 遺產相續と其效力 / 141
  • 第一章 遺產相續を爲し得る人 / 141
  • 第二章 遺產相續の效力 / 144
  • 第十二篇 相續の承認と抛棄 / 150
  • 第一章 承認又は抛棄を爲す前の心得 / 150
  • 第二章 相續の單純承認 / 152
  • 第三章 限定承認をなす方法 / 155
  • 第四章 相續を抛棄するとき / 158
  • 第十三篇 遺言の方法と效力 / 160
  • 第一章 遺言の能力 / 160
  • 第二章 普通方式の遺言 / 162
  • 第三章 特別方式の遺言 / 167
  • 第四章 遺言の效力 / 170
  • 第五章 遺言の執行心得 / 173
  • 第六章 遺言を取消す場合 / 176
  • 第十四篇 相續人の特權たる遺留分 / 179
  • 第一章 遺留分の算定を受くる額 / 179
  • 第二章 贈與又は遺贈の減殺に付て / 182
  • 第十五篇 金錢物件の貸借と時效 / 187
  • 第一章 金錢の貸借と保證 / 187
  • 第二章 土地建物の貸借に付て / 193
  • 第三章 家屋の貸借 / 197
  • 第四章 時效に因る權利の得喪 / 206
  • 第一節 時效に因る權利の獲得 / 207
  • 第二節 時效に因る權利の消滅 / 209
  • 第五章 利息の支拂に付て / 212
  • 第十六篇 刑の時效と無罪及減免 / 216
  • 第一章 刑の時效に因る執行の免除 / 216
  • 第二章 罪の不成立と刑の減免の場合 / 219
  • 第十七篇 財產に對する罪 / 227
  • 第一章 親族間の窃盗と横領 / 227
  • 第二章 詐欺及び贓物の罪を犯したとき / 233
  • 第三章 財物の毀棄と信書の隠匿 / 236
  • 第四章 賭博を爲したる罪 / 243
  • 第十八篇 社會の信用を害する罪 / 248
  • 第一章 通貨の僞造變造と行使 / 248
  • 第二章 文書及び印章の僞造 / 249
  • 第三章 有價證券の僞造變造 / 255
  • 第十九篇 生命身體に關する罪 / 258
  • 第一章 猥褻及び姦淫の罪 / 258
  • 第二章 人を傷害したるとき / 267
  • 第三章 墮胎の罪 / 273
  • 第四章 家族を遺棄する罪 / 275
  • 第五章 略取及び誘拐された場合 / 277
  • 第六章 犯人を藏匿し證憑を湮滅する罪 / 280
  • 第二十篇 告訴と證言及び拘留 / 283
  • 第一章 告訴及び告發 / 283
  • 第二章 證人と證言を拒み得る場合 / 289
  • 第三章 拘留處分と正式裁判 / 292
  • 附錄
  • 參考書式例 / 295~390

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 親族家族間に起るべき法律実際問題の解決
著作者等 岩崎 高敏
書名ヨミ シンゾク カゾクカン ニ オコルベキ ホウリツ ジッサイ モンダイ ノ カイケツ
出版元 日本公論社
刊行年月 昭和9
ページ数 389p
大きさ 18cm
全国書誌番号
47002656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想