税関論

小林行昌 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 稅關 / 1
  • 第一節 稅關ノ意義及種類 / 1
  • 第二節 稅關ノ組織及職員 / 6
  • 第三節 開港 / 11
  • 第四節 稅關ノ所在地及管轄區域 / 21
  • 第二章 稅關及諸收入 / 29
  • 第一節 關稅ノ性質及負擔 / 29
  • 第二節 關稅ノ目的及產業ノ保護 / 42
  • 第三節 關稅ノ領域ト立法 / 58
  • 第四節 稅率ノ組織 / 76
  • 第五節 我邦ノ關稅率 / 159
  • 第六節 戾稅及交付金 / 211
  • 第七節 輸出稅及通過稅 / 224
  • 第八節 消費稅 / 231
  • 第九節 噸稅 / 237
  • 第十節 諸收入 / 239
  • 第三章 貨物輸入手續 / 249
  • 第一節 緖說 / 249
  • 第二節 貨物ノ船卸及陸揚 / 251
  • 第三節 輸入ノ順序 / 258
  • 第四節 輸入申告書及添附書類 / 268
  • 第五節 旅客携帶品及郵便物 / 275
  • 第六節 其他ノ特別貨物 / 278
  • 第四章 貨物輸出手續 / 285
  • 第一節 緖說 / 285
  • 第二節 輸出ノ順序 / 287
  • 第三節 輸出申告書 / 288
  • 第四節 旅客携帶品及郵便物 / 290
  • 第五節 其他ノ特別貨物 / 292
  • 第六節 戾稅品ノ輸出及消費稅等ノ免除 / 293
  • 第七節 稅關貨物取扱人 / 304
  • 第五章 積戾・運送及收容 / 307
  • 第一節 積戾 / 307
  • 第二節 運送 / 308
  • 第三節 收容 / 311
  • 第六章 船舶出入港手續 / 314
  • 第一節 船舶入港手續 / 314
  • 第二節 船舶出港手續 / 323
  • 第三節 外國貿易船ノ不開港出入 / 323
  • 第四節 船舶ニ對スル稅關長ノ職權 / 326
  • 第七章 異議及訴願 / 327
  • 第一節 異議 / 327
  • 第二節 訴願 / 330
  • 第八章 自由港 / 334
  • 第一節 保護關稅ノ緩和制度 / 334
  • 第二節 自由港ノ意義及種類 / 334
  • 第三節 自由港ノ利害 / 339
  • 第九章 稅關手續ト國際會議 / 344
  • 第一節 國際聯盟ノ提案 / 344
  • 第二節 本邦商工業者ノ意見 / 349
  • 第三節 「ヂヱネヴァ」會議 / 351
  • 第十章 航空ト稅關 / 359
  • 第一節 航空ニ關スル國際條約 / 359
  • 第二節 航空ニ關スル國內法 / 369
  • 附錄

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 税関論
著作者等 小林 行昌
書名ヨミ ゼイカンロン
書名別名 Zeikanron
出版元 巌松堂書店
刊行年月 昭和3
版表示 訂4版
ページ数 373, 127p
大きさ 23cm
NCID BA33126278
BN14654394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47004186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想