海軍とは何ぞや? : 附録・空襲と防空

黒木文四郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 海軍は何故に必要なのか? / 1
  • イ 制海權を握るは國家發展の重要素 / 1
  • ロ 祖國日本と海との關係 / 6
  • 二 大海戰と國家の興亡 / 8
  • イ サラミスの海戰 / 8
  • ロ グラーブリーヌの海戰 / 16
  • ハ トラフアルガールの海戰 / 24
  • 三 日本海軍とは何んぞや / 34
  • イ 帝國海軍の生立ち / 34
  • ロ 新日本の海軍建設 / 41
  • 四 世界に誇る帝國海軍の陣容 / 47
  • イ 戰艦は海軍兵力の骨幹である / 48
  • ロ 世界に誇るわが巡洋艦の偉力 / 54
  • ハ 神出鬼沒隼の如き驅逐艦、水雷艇 / 63
  • ニ 世界一の稱ある日本の潜水艦 / 67
  • 五 今後の戰爭は太平洋? / 72
  • イ 太平洋の海權をねらふ米國 / 72
  • ロ 軍縮會議に名を藉り著々對日戰備を急ぐ米國 / 78
  • ハ 海洋戰の硏究に汲々たる米國 / 84
  • ニ 米國海軍の極東根據地 / 91
  • 六 其の後の日本と世界の視聽 / 96
  • イ あまりに利己的な米國人 / 96
  • ロ 米國は何故ハワイをその軍政下におかんとしてゐるか / 100
  • ハ 米國民の露骨なる對日感情 / 102
  • ニ 南洋諸島に於ける米國の陰謀 / 104
  • 七 一九三六年後の日本海軍 / 108
  • イ 日本を目の敵にする世界各國 / 108
  • ロ 日本海軍の補充計畫 / 111
  • ハ 米國海軍の補充計畫 / 115
  • ニ 一九三六年後の日英米の海軍力比較 / 119
  • ホ 米支航空協定と空襲 / 122
  • 附錄
  • 空襲と防空
  • 一 第三路を飛ぶものは誰れか? / 127
  • 二 日本が空襲をうけたら? / 132
  • 三 戰鬪機の色々 / 135
  • 四 丸ビルもケシ飛ぶ爆彈の偉力 / 139
  • 五 聞くも恐ろしき毒ガス彈 / 142
  • 六 爆擊機と航空母艦 / 148
  • 七 われ若し空襲をうけたら / 155
  • 八 米空軍の强襲と我軍の新銳機 / 159
  • 九 空襲に備へる陸の諸準備 / 164
  • 十 空襲と防空の結論 / 166

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海軍とは何ぞや? : 附録・空襲と防空
著作者等 黒木 文四郎
書名ヨミ カイグン トワ ナンゾヤ : フロク クウシュウ ト ボウクウ
書名別名 Kaigun towa nanzoya
出版元 [ほか]
鶴見文千堂
刊行年月 昭和8
ページ数 170p
大きさ 19cm
NCID BA45734157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46085728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想