担保附社債信託法論

栗栖赳夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 1
  • 第一篇 社債論 / 5
  • 第一章 擔保附社債の實體 / 5
  • 第二章 擔保附社債の成立 / 8
  • 第三章 擔保附社債の募集又は賣出の公告 / 22
  • 第四章 擔保附社債券の形式及發行 / 30
  • 第五章 擔保附社債原簿 / 38
  • 第六章 擔保附社債の登記 / 49
  • 第七章 擔保附社債の名義書換及變換 / 54
  • 第八章 擔保附社債質入の記入及信託の公示 / 56
  • 第九章 擔保附社債の償還及利息の支拂 / 58
  • 第二篇 社債權者集會論 / 61
  • 第一章 社債權者集會の意義 / 61
  • 第二章 招集權者 / 64
  • 第三章 招集手續 / 70
  • 第四章 集會の成立及議事 / 76
  • 第五章 決議事項 / 79
  • 第六章 議決權及其の行使 / 87
  • 第七章 議決の方法 / 93
  • 第八章 決議の執行及無效の訴 / 96
  • 第九章 決議錄及屆出 / 104
  • 第十章 社債權者集會の代表者 / 106
  • 第十一章 社債權者集會と委託會社、受託會社及社債の總額を引受けたる第三者 / 112
  • 第十二章 社債權者集會の費用 / 114
  • 第三篇 擔保論 / 117
  • 第一章 物上擔保の種類 / 117
  • 第二章 特別法に依る財團抵當 / 120
  • 第三章 擔保の實體 / 128
  • 第四章 擔保の成立及變更 / 135
  • 第五章 擔保權の實行 / 146
  • 第四篇 信託契約論 / 161
  • 第一章 擔保附社債に關する信託契約の特質 / 161
  • 第二章 信託證書 / 164
  • 第三章 擔保の追加又は變更契約證書 / 173
  • 第五篇 信託論 / 175
  • 第一章 信託の意義 / 175
  • 第二章 信託の目的 / 178
  • 第三章 信託の主體 / 180
  • 第四章 信託の形態 / 185
  • 第五章 信託の客體 / 189
  • 第六章 信託の成立及引受 / 191
  • 第七章 受託會社の義務(信託契約の效力其の一) / 194
  • 第八章 受託會社の權利(信託契約の效力其の二) / 204
  • 第九章 委託會社の權利(信託契約の效力其の三) / 217
  • 第十章 委託會社の義務(信託契約の效力其の四) / 219
  • 第十一章 社債權者の權利(信託契約の效力其の五) / 220
  • 第十二章 信託の承繼 / 226
  • 第十三章 信託の終了 / 254
  • 第六篇 信託會社論 / 257
  • 第一章 信託會社の意義 / 257
  • 第二章 信託會社の兼營事業 / 263
  • 第三章 信託會社の設立免許及營業の開始 / 267
  • 第四章 信託會社の監督 / 273
  • 第五章 信託會社の解散及淸算 / 276
  • 第六章 外國信託會社 / 280
  • 第七篇 雜論 / 289
  • 第一章 社債の總額を引受けたる第三者 / 289
  • 第二章 罰則 / 293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 担保附社債信託法論
著作者等 栗栖 赳夫
書名ヨミ タンポ ツキ シャサイ シンタクホウ ロン
出版元 文雅堂
刊行年月 昭和3
ページ数 295p
大きさ 24cm
NCID BN15498884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47007209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想