芥川龍之介集 : 妖婆

芥川龍之介 著 ; 東雅夫 編

本所七不思議に育まれ、身近な怪談の蒐集筆録に熱中するかたわら、西欧の怪奇幻想小説を愛読、ときに河童図や化物絵の筆を執った怪異の文豪芥川龍之介。夏目漱石、泉鏡花、柳田國男らに早熟な才能を愛でられ、大正怪談黄金時代の申し子として多面的に活躍した芥川の怪談文芸作品を初めて一巻に集大成。極めつきの名品から知られざる珠玉作、秘蔵の怪談実話ノートたる「椒図志異」も完全収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芥川龍之介集 : 妖婆
著作者等 東 雅夫
芥川 竜之介
書名ヨミ アクタガワ リュウノスケ シュウ : ヨウバ
シリーズ名 文豪怪談傑作選 ふ36-14
ちくま文庫 ふ36-14
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.7
ページ数 394p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42742-7
NCID BB02595646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想