戦争と増税

山崎源太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / [1]
  • 第一 緖論 / 3
  • 第二 もう戰爭は始まつてゐる / 6
  • 一 資源の再分配は逆夢か正夢か / 7
  • 二 事實上の經濟封鎻 / 11
  • 三 日本移民入るべからず / 16
  • 四 軍擴競爭は暗示す / 18
  • 第三 戰費は幾ら要るか / 24
  • 一 戰爭準備 / 24
  • 二 開戰となれば / 34
  • 三 日本の過去の戰費 / 44
  • 四 最近の軍擴と各國の國防費 / 54
  • 第四 戰費はどうして調達するか / 74
  • 一 公債か增稅か / 74
  • 二 歐洲大戰の實例 / 79
  • 第五 何を增稅するか / 86
  • 一 眞似の出來ぬ英吉利 / 87
  • 二 傳統と革命の交錯する佛蘭西 / 93
  • 三 獨逸の混亂 / 100
  • 四 悲慘を地で行つた伊太利 / 104
  • 五 偉大なる亞米利加の國力 / 112
  • 六 帝政ロシヤの增稅 / 117
  • 七 日淸戰役から西比利亞出兵まで / 119
  • 第六 恐るべき戰後の增稅 / 126
  • 一 凱旋門に待つ狼? / 126
  • 二 英吉利の目醒ましき戰後增稅 / 128
  • 三 戰勝の夢さへ見られぬ佛蘭西 / 131
  • 四 マカロニの如く細り行く / 135
  • 五 肥滿のドルにも澁い面 / 137
  • 六 世界史的豪華版・獨逸の增稅 / 141
  • 第七 準戰時稅制と最近の增稅 / 147
  • 一 最近の歐米諸國 / 147
  • 二 日本版・戰時稅制の走り / 175
  • 三 馬場稅制は突入した / 177
  • 四 鬼ツ子・臨時租稅增徵法 / 195
  • 五 北支事件特別稅 / 235
  • 第八 戰時稅制の行方を突く / 254
  • 一 先づ準戰時稅制の確定 / 254
  • 二 戰時稅制の目標 / 257
  • 三 どんな增稅? どんな新稅? / 259
  • 四 戰時の稅率は? / 264
  • 五 今日の日本? / 271
  • 第九 戰時稅制の寵兒を解剖す / 278
  • 一 財產稅 / 278
  • 二 賣上稅 / 285
  • 三 超過利得稅 / 293
  • 第十 戰費は誰が負擔するか / 300
  • 一 現在の國民と將來の國民 / 300
  • 二 歐洲大戰の負擔 / 302
  • 三 物價高は何を意味するか / 314
  • 四 次の戰費は誰が負擔するか / 316
  • 第十一 結び / 321

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦争と増税
著作者等 山崎 源太郎
書名ヨミ センソウ ト ゾウゼイ
出版元 橘書店
刊行年月 昭12
ページ数 326p
大きさ 20cm
全国書誌番号
46061364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想