平壌(ピョンヤン)で朝食を。

勝谷誠彦 著

「なんという、空の青だ。順安国際空港でタラップを降りながら、私は天を仰いだ。雲ひとつない、深い青。しかし、それは、大気汚染が起きようもないほど、北朝鮮のエネルギー資源が枯渇していることの皮肉な証明でもあるのであった。」-表題作「平壌で朝食を。」を含む七編に、新たに魅惑の官能作品一編を特別収録。現代社会を「魂」の視点で描いた力作が文庫化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平壌(ピョンヤン)で朝食を。
著作者等 勝谷 誠彦
書名ヨミ ピョンヤン デ チョウショク オ
書名別名 彼岸まで。

平壌で朝食を。
シリーズ名 光文社文庫 か35-3
出版元 光文社
刊行年月 2010.8
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-74830-2
全国書誌番号
21808978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想