価値論

宇野弘蔵 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1
  • 一 商品經濟と資本主義社會 / 3
  • 一 経済学の出発点としての商品 / 3
  • 二 所謂單純なる商品 / 11
  • 三 個々の商品の抽象性 / 19
  • 二 價値論の對象と方法とに關する二三の注意 / 26
  • 一 商品に於ける使用價値 / 26
  • 二 労働力商品化の意義 / 31
  • 三 價値法則展開の動力 / 36
  • 四 價値論の方法 / 44
  • 三 マルクスの勞働價値說 / 50
  • 一 マルクスの労働價値說 / 50
  • 二 ベーム・バウェルクの批評 その一 / 62
  • 三 ベーム・バウェルクの批評 その二 / 77
  • 第一章 價値の實體 / 101
  • 一 價値を形成する労働 / 103
  • 二 分業の発逹による労働の單純化 / 114
  • 三 労働と價値と價格 / 124
  • 第二章 價値の形態 / 137
  • 一 商品の價値形態 / 141
  • 一 簡單なる價値形態 / 141
  • 二 擴大されたる價値形態と一般的價値形態 / 152
  • 三 貨幣形態 / 161
  • 二 貨幣としての價値 / 175
  • 一 單純なる商品流通に於ける價値 / 175
  • 二 流通手段としての貨幣の價値 / 180
  • 三 貨幣としての價値の独立化 / 186
  • 三 資本としての價値 / 196
  • 一 運動体としての價値 / 196
  • 二 價値の自己增殖 / 201
  • 三 生產過程を含む資本の運動形式 / 207
  • 第三章 價値の本質 / 215
  • 一 資本による商品経済の確立 / 217
  • 二 労働過程としての資本の生產過程 / 225
  • 三 價値形成=增殖過程 / 231
  • 結語 / 243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 価値論
著作者等 宇野 弘蔵
書名ヨミ カチロン
シリーズ名 社会主義経済学 ; 3
出版元 河出書房
刊行年月 昭和22
ページ数 250p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46010664
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想