銃後に於ける全村学校経営の実際

福岡県社会教育課 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 全村學校開設當時を顧みて / 1
  • 第一節 全村學校の提唱 / 1
  • 第二節 最初の全村學校、福吉村に開設當時の思出 / 3
  • 第二章 全村學校の目的 / 11
  • 第三章 全村學校の指導原理 / 12
  • 第一節 全一的社會敎育組織 / 12
  • (一) 協同の美風良俗の發揚 / 12
  • (二) 社會敎育中樞機關 / 13
  • 第二節 道德經濟の融合 / 18
  • 第三節 町村是(更生計畫)の確立 / 19
  • 第四章 全村學校指導要目と指導 / 20
  • 第五章 全村學校の施設經營 / 23
  • 第一節 年中行事豫定表の作製 / 23
  • 第二節 全村學校行事に就いて / 24
  • 一 開校式と宣誓 / 24
  • 二 中樞機關の協議會 / 24
  • 三 講習會 / 24
  • 四 協議會、懇談會 / 26
  • 五 成人敎育講話と映畵の夕 / 26
  • 六 全村綜合展覽會 / 28
  • 七 部落常會 / 31
  • 八 全村體育日、全村慰靈祭、愛郷日の設定及町村報の發行等 / 31
  • 第六章 全村學校經營の實際と其の實績 / 32
  • 第一節 敎化を中心とする全村學校の經營(築上郡角田村) / 33
  • 第二節 中樞機關としての自彊會の活動と其の實績(糟屋郡勢門村) / 42
  • 第三節 全町學校の經營と統制ある活動(福岡市原學區) / 52
  • 第四節 壯年團活動を中心とする住みよき郷土の建設(山門郡大和村) / 67
  • 第五節 全村學校の經營と年中行事(朝倉郡三輪村) / 74
  • 第六節 全村學校の實績を顧みて(筑紫郡南畑村) / 90
  • 第七節 部落常會と銃後後援(三潴郡木室村) / 103
  • 第八節 全村學校の努力點と各種團體の活動(嘉穂郡千手村) / 115
  • 第九節 更生計畫と各部落の活動(糸島郡怡土村) / 125
  • 第七章 結び / 135
  • 附錄 / 138
  • 一 全村學校實施要項 / 138
  • 二 全村學校實施に當り村民各位の諒解を求む / 142
  • 三 全村學校經營要覽 / 折込

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 銃後に於ける全村学校経営の実際
著作者等 福岡県
福岡県社会教育課
書名ヨミ ジュウゴ ニ オケル ゼンソン ガッコウ ケイエイ ノ ジッサイ
出版元 福岡県社会教育課
刊行年月 昭和14
ページ数 145p
大きさ 19cm
全国書誌番号
44010938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想