改正恩給法解説

改正恩給法研究会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 恩給改正の要旨 / 1
  • 二 提案理由說明 / 2
  • 三 改正が財政に及ぼす影響 / 4
  • 四 國庫の歲出減少額 / 6
  • 五 受給者の金額と數 / 7
  • 六 貴衆兩院委員會の附帶決議 / 8
  • 七 改正恩給法の要綱 / 11
  • 傷病年金制度の新設 / 11
  • 失權・失格・受給權の檢査 / 12
  • 公納金の增額と新設 / 13
  • 恩給年限の延長 / 14
  • 算出基礎俸給の變更 / 14
  • 在職年限の計算改正 / 15
  • 一時恩給と一時扶助料の最短年限 / 16
  • 受給者の年齡による停止 / 16
  • 多額所得者の停止 / 16
  • 特殊扶助料の增額 / 16
  • 受給者再任の場合 / 17
  • 退隱料による巡査看守の通算 / 17
  • 敎職員再任の場合 / 17
  • 八 恩給の原則 / 19
  • 九 給與期間と金額の切上 / 21
  • 一〇 請求の消滅の時效 / 21
  • 一一 再就職の場合 / 22
  • 一二 時效の停止と二重の恩給 / 23
  • 一三 恩給權利の消滅及び死亡の場合 / 24
  • 一四 恩給の讓渡及び擔保の禁止と其の救濟 / 27
  • 一五 恩給の裁定、負擔並びに團體納金 / 28
  • 一六 公務員及準公務員就職 / 36
  • 一七 退職並在職年限計算 / 38
  • 一八 期間加算、除算並びに通算 / 42
  • 一九 俸給及び恩給支給の要件 / 46
  • 二〇 かうした場合は失權する / 50
  • 二一 二重公務員の給與 / 51
  • 二二 再任による改定の場合 / 51
  • 二三 恩給權停止及び納付金 / 53
  • 二四 恩給金額の算出 / 58
  • 文官 / 58
  • 軍人 / 59
  • 敎育職員 / 61
  • 警察監獄職員 / 62
  • 待遇職員 / 63
  • 二五 一時恩給 / 65
  • 二六 遺族の意義 / 66
  • 二七 扶助料の一時停止 / 69
  • 二八 扶助料權の消減と一時扶助料 / 69
  • 二九 大正十二年恩給法施行關係附則 / 71
  • 三〇 別表 第一號表 第三號表 第四號表 / 78
  • 附則
  • 昭和八年十月一日施行に關する附則十八箇條並にその略解 / 80~87
  • 改正恩給法施行に關する勅令 / 88

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 改正恩給法解説
著作者等 改正恩給法研究会
改正恩給法研究會
書名ヨミ カイセイ オンキュウホウ カイセツ
書名別名 Kaisei onkyuho kaisetsu
出版元 大光館書店
刊行年月 昭和8
ページ数 88p
大きさ 19cm
NCID BN1258056X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44011577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想