資産凍結令の解説 : 問答式

経済調査会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 資產凍結令とはどんなことですか / 1
  • 二 米國は何故日本へ資產凍結令を發動したのですか / 11
  • 三 米國の資產凍結令とはどんな內容のものですか / 14
  • 四 資產凍結令の適用によつてどんな影響がありますか / 36
  • 五 米國の資產凍結令に對してどんな報復措置を採つたのですか / 47
  • 六 本令を適用せられる國はどう定められて居りますか / 53
  • 七 本令の適用せられる相手方はどう定められて居りますか / 55
  • 八 指定外國人は如何なる財產の取得又は處分に許可を要するのですか / 66
  • 九 指定外國人は外貨債權又は邦貨債權の處分又は讓受、債務の引受又は保證行爲について許可を要するのですか / 74
  • 一〇 指定外國人は不動產、本邦通貨、外國通貨、價額百圓相當額以上の動產又は價額二十圓相當額以上の有價證券の寄託又は寄託の引受竝に寄託物の返還請求又は返還行爲に付て許可を要するのですか / 76
  • 一一 指定外國人は不動產、動產、有價證券の貸借、轉貸借又は賃借權の取得若は處分について許可を要するのですか / 77
  • 一二 指定外國人は貸付金の貸付又は回收、借入金の借入又は返濟、預け金の預入又は引出、預り金の受入又は拂戻には總て許可を要するのですか / 77
  • 一三 指定外國人は一箇月五百圓以上の本邦通貨を取得又は處分することは出來ないのですか / 79
  • 一四 指定外國人は如何なる場合に本令の許可を要しないのですか / 83
  • 一五 指定外國人は外國爲替管理法施行規則の如何なる條文が適用せられないのですか / 98
  • 一六 指定外國人の爲に又は指定外國人を相手方とする者は如何に取締られるのですか / 110
  • 一七 指定外國人の爲に爲す者は如何なることが除外せられて居りますか / 122
  • 一八 指定外國人以外の者は指定國向への輸出爲替の賣却に付ても總て許可を要しますか / 123
  • 一九 指定外國人のために財產の保有若は管理又は之が廢止には許可を要するのですか / 124
  • 二〇 外國爲替管理法施行規則に依り許可を受けたるときには本令の許可は不要ですか / 127
  • 二一 本令施行以前に外國爲替管理法施行規則に依つて受けたる許可の效力はどうなりますか / 127
  • 二二 指定外國人から在內財產を取得したる者は指定外國人と看做されるのですか / 129
  • 二三 指定外國人及指定外國人のために財產を保有管理する者はどう所有財產を報告するのですか / 130
  • 二四 指定外國人に對する債權、債務又は出資等についてはどう報告するのですか / 131
  • 二五 指定外國人のために又は指定外國人を相手方として行爲を爲したる者の報告はどうすればよいのですか / 131
  • 二六 外國爲替管理法施行規則に依る報告書式準則の中で如何なるものが本令に適用せられないのですか / 132
  • 二七 指定外國人又は本令に定むる行爲の制限はどう免除されて居りますか / 137
  • 二八 許可申請書、報告書中に外國人、外國法人又は外國系本邦法人の氏名又は商號を記載する場合にはどんな事項を附記するのですか / 155
  • 二九 罰則はどう定められて居りますか / 156
  • 三〇 本令は何日から施行せられるのですか / 157
  • (附錄)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資産凍結令の解説 : 問答式
著作者等 経済調査会 (1916年)
経済調査会
書名ヨミ シサン トウケツレイ ノ カイセツ : モンドウシキ
書名別名 Shisan toketsurei no kaisetsu
出版元 大同書院
刊行年月 昭和16
ページ数 216p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46010247
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想