Googleクラウドの核心

ルイス・アンドレ・バロッソ, ウルス・ヘルツル 著 ; 高嶋優子, 徳弘太郎 訳 ; 丸山不二夫, 首藤一幸, 浦本直彦 監修

グーグルが実現するクラウドの心臓とも言える巨大データセンターは、安価なPCサーバが有機的に連携し、データセンター全体があたかも1台のコンピュータであるかのように振る舞う。これをグーグルでは「Warehouse‐Scale Computer(WSC:倉庫規模のコンピュータ)」と呼ぶ。グーグルはなぜWSCのようなアプローチを採用したのか、WSCの利点とは何か、そして驚くほど高いエネルギー効率はどのように実現しているのか。グーグルのエンジニア自身があますところなく解説する。あわせて、DRAMエラーの実態を調査した同社の論文「DRAM Errors in the Wild:A Large‐Scale Field Study」の抄訳(「DRAMエラーは珍しくない-グーグル社が大規模調査」)を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イントロダクション
  • 第2章 負荷とソフトウエア基盤
  • 第3章 ハードウエアの構成要素
  • 第4章 データセンターの基礎
  • 第5章 エネルギーと電力の効率
  • 第6章 コストのモデル化
  • 第7章 障害と修理への対応
  • 第8章 WSCの課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Googleクラウドの核心
著作者等 Barroso, Luiz André
Hölzle, Urs
丸山 不二夫
徳弘 太郎
浦本 直彦
首藤 一幸
高嶋 優子
Barroso Luiz Andr'e
H¨olzle Urs
ヘルツル ウルス
バロッソ ルイス・アンドレ
書名ヨミ Google クラウド ノ カクシン : キョダイ データ センター ノ ヘンボウ ト ウンヨウ ノ ケイザイガク
書名別名 The datacenter as a computer

巨大データセンターの変貌と運用の経済学

Google kuraudo no kakushin
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2010.8
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8222-8431-2
NCID BB02875846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21812157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想