経済学の基礎知識

高橋亀吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 生產の仕組 / 1
  • 第一章 商品經濟制度の發達 / 1
  • 第一節 自給自足時代の生產 / 1
  • 第二節 交換經濟制度の發達 / 4
  • 第三節 商品經濟時代の生產 / 8
  • 第二章 生產すべき品種の決定 / 11
  • 第一節 個人價値基準より社會價値基準への轉移 / 11
  • 第二節 社會價値の統一表現としての物價 / 16
  • 第三節 『必要』生產から『需要』生產への轉移 / 23
  • 第三章 生產の社會的管理 / 28
  • 第一節 商品生產に對する社會的管理の仕組 / 28
  • 第二節 商品生產に對する社會的管理の頽廢 / 32
  • 第四章 生產責任者と生產從業者との分離 / 40
  • 第一節 商品生產の複雜化と生產の專門的責任者の發生 / 40
  • 第二節 資本家本位時代の展開 / 48
  • 第三節 生產者本位時代再來の傾向 / 52
  • 第五章 資本と勞働者との分離 / 59
  • 第一節 工場機械生產の發達 / 59
  • 第二節 生產の集中化と資本の搾取の發生 / 66
  • 第三節 賃銀勞働者の發生 / 73
  • 第四節 勞働問題の擡頭 / 80
  • 第六章 資本と資本家的職分との分離 / 88
  • 第一節 投資制度の發達と資本家の退役 / 88
  • 第二節 資本擁護の反社會化 / 94
  • 第七章 資本家機能の喪失と新生產組織發達の傾向 / 103
  • 第八章 一九二九年以降の世界經濟の變革 / 114
  • 第一節 從來の經濟機構の破綻と其の意義 / 114
  • 第二節 自由競爭原則の崩壞と統制經濟の登場 / 124
  • 第三節 一九二九年以降の資本主義變革の意義 / 130
  • 第二編 交換配給及分配の仕組 / 137
  • 第一章 「物價」の意味及其の機能 / 137
  • 第一節 商品經濟と需要供給の調節 / 137
  • 第二節 「物價」に由る分配の統制 / 140
  • 第三節 物價に由る需要供給の調節 / 149
  • 第二章 物價の決定と市場及商人 / 156
  • 第一節 物價の決定と市場及商人の機能 / 156
  • 第二節 商人機能の退化と其の弊害 / 166
  • 第三章 外國貿易 / 172
  • 第一節 外國貿易と各國生產品の分業 / 172
  • 第二節 外國貿易と一國の需要供給の調節 / 182
  • 第三節 世界恐慌以降の貿易原則の變革 / 206
  • 第四章 財界の統制と金融及財政 / 222
  • 第一節 物價調節の意味及方法 / 222
  • 第二節 金融政策に由る財界の統制 / 231
  • 第三節 財政と其の財界に及す影響 / 258
  • 第四節 一九二九年以降に於ける金融・財政の財界調節機能の變革 / 278
  • 第五節 財界調節新方法としての統制インフレーションの發達 / 294
  • 第五章 景氣不景氣及恐慌 / 305
  • 第一節 景氣不景氣の去來及其の機能 / 305
  • 第二節 景氣不景氣の弊害 / 335
  • 第三節 景氣不景氣の物資需給及分配再整理に關する機能の退化
  • 第四節 一九二九年以降の恐慌と景氣理論の革命 / 357
  • 第六章 物資の需給調節の新制度發達の傾向 / 381
  • 第一節 物資需給調節方法の科學化の傾向 / 381
  • 第二節 景氣不景氣の科學的統制 / 388
  • 第七章 資本家的物資需給調節法の破綻と統制經濟の發展 / 399
  • 第一節 資本主義的統制の破綻と統制經濟の登場 / 399
  • 第二節 計畫化統制の必然と現段階に於ける計畫經濟の意義 / 407
  • 第三節 現下日本の統制經濟の特色と外國のそれとの異同 / 438
  • 第三編 富の蓄積及利用の仕組
  • 第一章 私有財產制度
  • 第一節 生活の保障及向上手段としての私有財產制度 / 456
  • 第二節 富の能率組織としての私有財產制度 / 460
  • 第三節 社會支配力としての私有財產制度 / 467
  • 第四節 私有財產制の機能退化と其の弊害 / 469
  • 第二章 富の消費と其の統制 / 483
  • 第一節 消費取締の必要及びその範圍
  • 第二節 消費の量的統制 / 486
  • 第三章 富の蓄積と其の仕組 / 497
  • 第一節 蓄積の目的と蓄積の形態 / 497
  • 第二節 節約と蓄積及其の手段 / 505
  • 第三節 節約及蓄積に對する資本主義の機能 / 515
  • 第四節 資本主義の蓄積機能の退化 / 526
  • 第四章 蓄積の利用と其の仕組 / 534
  • 第一節 蓄積利用方法の進化 / 534
  • 第二節 蓄積利用に於ける資本主義機能の退化 / 543
  • 第五章 蓄積活用の制度と其の發達 / 555
  • 第一節 蓄積活用の意味と其の制度 / 555
  • 第二節 銀行制度の發達と蓄積の活用 / 560
  • 第三節 株式、公社債制度の發達と蓄積の活用 / 579
  • 第六章 蓄積及其の効率の增進と分配問題 / 586
  • 第一節 分配政策と蓄積及富の能率 / 586
  • 第二節 分配の再整と財界整理 / 596
  • 第七章 富の蓄積の喰潰 / 603
  • 第一節 蓄積喰潰の意味と其の實際 / 603
  • 第二節 一時的原因に由る財の破壞 / 606
  • 第三節 投資制度の頽廢に基く蓄積の喰潰 / 611
  • 第四節 「營利」の反生產化と蓄積の喰潰 / 632
  • 第五節 無自覺の蓄積喰潰 / 645
  • 第八章 蓄積及其の利用に於ける新時代の展開 / 656
  • 第一節 資本家の蓄積利用機能の喪失と其の結果 / 656
  • 第二節 蓄積利用に於ける財政任務の一新 / 665

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学の基礎知識
著作者等 高橋 亀吉
書名ヨミ ケイザイガク ノ キソ チシキ
出版元 千倉書房
刊行年月 昭12
版表示 3訂増補
ページ数 679p
大きさ 19cm
NCID BA30255707
BA60787250
BN05708969
BN12447140
BN12745830
BN1573393X
BN12369852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46050099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想