英国警察制度論

高橋雄豺 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緖論 / 1
  • 第二章 警察の職務 / 4
  • 第一節 積極的に警察の職務とせられるもの / 6
  • 第二節 消極的に警察の職務とせられざるもの / 20
  • 第三節 警察の權限に關する制限 / 31
  • 第三章 警察の沿革 / 34
  • 第一節 十人組制度 / 35
  • 第二節 エドワード一世の警察改革 / 40
  • 第三節 治安判事 / 47
  • 第四節 中世に於ける警察の變遷 / 52
  • 第五節 ロンドンの警視廳 / 67
  • 第六節 其の他の警察組織の改善 / 92
  • 第四章 警察組織槪論 / 120
  • 第一節 其の特色 / 120
  • 第二節 警察組織一般 / 128
  • 第五章 內務省 / 132
  • 第一節 內務大臣 / 132
  • 第二節 警保局 / 135
  • 第三節 內務省の職務權限 / 139
  • 第六章 ロンドン警視廳 / 152
  • 第一節 スコツトランド・ヤード / 152
  • 第二節 ロンドン警視廳の特殊地位 / 154
  • 第三節 管轄地域 / 157
  • 第四節 警視廳の組織 / 158
  • 第五節 警視總監 / 162
  • 第六節 本廳各部の組織 / 179
  • 第一款 組織概要 / 179
  • 第二款 各部の職務 / 184
  • 第七節 會計官 / 241
  • 第八節 定員 / 253
  • 第九節 外部組織 / 261
  • 第十節 特別巡査隊 / 307
  • 第七章 ロンドン市警察部 / 314
  • 第一節 ロンドン市警察部の特殊性 / 314
  • 第二節 ロンドン市會 / 318
  • 第三節 警視總監 / 319
  • 第四節 定員 / 324
  • 第五節 警察部の組織 / 327
  • 第六節 特殊の施設 / 333
  • 第七節 經費 / 335
  • 第八章 市警察 / 337
  • 第一節 槪說 / 337
  • 第二節 市警察の特色 / 342
  • 第三節 警務委員會及び市會 / 346
  • 第四節 警察部長 / 350
  • 第五節 警察組織 / 356
  • 第六節 警察上の施設 / 362
  • 第九章 郡警察 / 368
  • 第一節 槪說 / 368
  • 第二節 郡警察の特色 / 370
  • 第三節 常設聯合警務委員會及び郡會 / 375
  • 第四節 警察部長 / 379
  • 第五節 郡警察の組織 / 384
  • 第六節 ランカシヤー郡警察部 / 388
  • 第十章 警察官吏法 / 394
  • 第一節 槪說 / 394
  • 第二節 警察官吏の一般的權能 / 396
  • 第三節 階級 / 397
  • 第四節 任命及び昇進 / 401
  • 第五節 退職 / 409
  • 第六節 身分票 / 412
  • 第七節 勤務時間 / 413
  • 第八節 休暇 / 415
  • 第九節 賞與 / 417
  • 第十節 懲戒 / 420
  • 第十一節 俸給及び諸給與 / 427
  • 第十一章 恩給、一時金又は扶助料 / 439
  • 第十二章 警察官聯合會及び警察會議 / 448
  • 第一節 警察官聯合會 / 449
  • 第二節 警察會議 / 453
  • 第十三章 警察と民衆 / 454
  • 第十四章 結論 / 467
  • 〔附錄〕英國各警察部定員及び警察費 / 470

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英国警察制度論
著作者等 高橋 雄豺
書名ヨミ エイコク ケイサツ セイド ロン
書名別名 Eikoku keisatsu seido ron
出版元 松華堂
刊行年月 昭10
ページ数 479p
大きさ 23cm
全国書誌番号
46045415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想