赤穂浪士  上巻

大仏次郎 著

画期的な解釈と設定で、忠臣蔵小説の最高峰と讃えられ続ける名作。上巻では、元禄太平の時勢に勃発した浅野内匠頭の刃傷事件から、仇討ちに怯える上杉・吉良側の困惑、茶屋遊びにふける内蔵助の境地が、人情の機微に踏みこむ文体で、時代相のひろやかな展望のもとに描き上げられる。虚無的な浪人堀田隼人、怪盗蜘蛛の陣十郎、謎の女お仙らの暗躍がからみ、物語は佳境へと突き進む。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤穂浪士
著作者等 大仏 次郎
書名ヨミ アコウ ロウシ
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 上巻
出版元 新潮社
刊行年月 1964
版表示 改版
ページ数 545p
大きさ 16cm
ISBN 4101083045
NCID BA84226575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想