失業問題研究

北岡寿逸 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一章 失業問題槪論 / 5
  • 第一節 失業の意義 / 5
  • 第二節 失業統計の方法 / 9
  • 第三節 失業の分類及び類似觀念 / 12
  • 第四節 失業の害 / 30
  • 第五節 失業の歷史的觀察 / 33
  • 第六節 各國の失業 / 43
  • 第二章 失業原因總論 / 49
  • 第一節 失業原因の意義 / 49
  • 第二節 失業原因の分類に關する諸說 / 51
  • 第三節 戰後の失業の原因 / 59
  • 第四節 失業の原因に關する諸家の學說 / 71
  • 第五節 失業原因槪觀 / 123
  • 第三章 失業對策總論 / 145
  • 第一節 失業防止と失業者救濟槪觀 / 145
  • 第二節 短期失業及び週期的失業 / 162
  • 第三節 勞働の適應策 / 174
  • 第四節 勞働に對する需要增加策 / 186
  • 第五節 勞働供給制限策並に人口及び資源調節政策 / 192
  • 第六節 勞働配置政策 / 199
  • 第七節 失業者救濟策 / 207
  • 第四章 人口と失業 / 209
  • 第一節 問題の所在 / 209
  • 第二節 人口過剩及び適度人口の觀念 / 211
  • 第三節 現下歐米に於ける人口過剩と失業との關係に關する諸說 / 217
  • 第四節 失業と移民政策 / 222
  • 第五節 失業と出產減少 / 228
  • 第六節 西洋の人口問題と東洋の人口問題 / 236
  • 第七節 人口過剩の歸趨特に日本の問題 / 242
  • 第八節 人口扶養力の理論 / 253
  • 第五章 產業合理化と失業 / 257
  • 第一節 合理化の意義 / 257
  • 第二節 合理化と失業-技術的失業 / 263
  • 第三節 合理化と勞働需要の增加 / 270
  • 第四節 合理化の影響に關する具體的事例 / 280
  • 第五節 產業合理化に依る失業に對する對策 / 300
  • 第六章 賃銀及び勞働時間と失業 / 311
  • 第一節 總說 / 311
  • 第二節 高き賃銀が失業の原因なりとする說 / 313
  • 第三節 賃銀引下げ反對論及び高賃銀論 / 323
  • 第四節 折衷的提案 / 327
  • 第五節 勞働時間制限と失業 / 330
  • 第六節 購買力增加政策の實驗 / 344
  • 第七章 失業と公共事業 / 360
  • 第一節 失業對策としての公共事業の種類 / 360
  • 第二節 各國の槪況 / 363
  • 第三節 公共事業の調節に依る失業防止 / 409
  • 第四節 雇傭增加策としての公共事業の經濟理論 / 421
  • 第五節 ロシヤの計畫經濟と失業の廢止 / 437
  • 第八章 失業保險及び失業扶助 / 443
  • 第一節 失業保險の必要 / 443
  • 第二節 失業保險の發達 / 447
  • 第三節 各國失業保險の槪觀 / 452
  • 第四節 慢性大量失業と失業保險の苦悶及び失業扶助制度 / 472
  • 第五節 失業保險と授產事業 / 510
  • 第六節 失業保險の批判 / 513
  • 第九章 失業問題の歸趨 / 531
  • 參考文獻 / 539

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 失業問題研究
著作者等 北岡 寿逸
書名ヨミ シツギョウ モンダイ ケンキュウ
書名別名 Shitsugyo mondai kenkyu
出版元 有斐閣
刊行年月 昭和17
ページ数 569p
大きさ 22cm
NCID BN05204761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46012950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想