日本経済学史の一齣 : 社会政策学会を中心として

住谷悦治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 自由主義經濟學の成立
  • 緖論の一 資本主義的生產機構の前提的な諸條件 / 3
  • 緖論の二 明治初期の諸思想 / 5
  • 本論の一 自由主義經濟學の成立 / 10
  • 一 自由主義經濟學の移入 / 10
  • 二 神田孝平著「農商辨」の經濟學史的意義 重農主義への反擊 / 15
  • 三 神田孝平譯「經濟小學」と資本主義的生產機構の理論的基礎づけ / 22
  • (註)神田孝平著書梗槪 / 29
  • 四 福澤諭吉著「西洋事情」と「民間經濟錄」 自由主義經濟學の成立 / 32
  • 本論の二 自由主義經濟學成立の社會的根據 / 41
  • 一 幕府時代における經濟的段階 商業資本・高利貸資本の制覇 / 41
  • 二 資本主義生產方法の構成と自由主義經濟學 / 46
  • 第二章 ラーネッド博士の經濟學說
  • 第一節 「七一雜報」紙上における自由貿易論 / 57
  • 一 ラーネッド博士の經濟學講義案について / 57
  • 二 明治自由主義經濟學とラーネッド博士 / 64
  • 三 伊勢時雄譯「經濟學略說」における自由貿易の主張 最初の學說 / 66
  • 第二節 宮川經輝譯『經濟新論』 / 73
  • 一 ラーネッド博士の講義案 / 75
  • 二 「經濟新論」 / 76
  • 三 「經濟新論」における資本主義社會觀 / 80
  • 四 資本主義社會の貧困救治策 / 83
  • 五 社會主義史上における同志社とラーネッド博士 / 90
  • 第三節 ラーネッド博士の社會主義・共產主義・無政府主義批判 / [95]
  • 一 はしがき / 95
  • 二 ラーネッド博士の業績 / 95
  • 三 ラーネッド博士の「經濟新論」の特質 / 99
  • 四 資本主義に對する分析 / 101
  • 五 博士の社會主義・共產主義・無政府主義觀 / 104
  • 六 結び / 109
  • 木村毅氏の「日本社會主義史上の隱れた恩人」 / 111
  • 第三章 日本自由主義經濟學の完成 田口鼎軒博士の經濟學
  • 第一節 自由主義經濟學最後の明星 / 119
  • 第二節 田口博士の經濟理論 / 125
  • 一 博士の經濟學の定義とその批判 / 125
  • 二 自由貿易論 / 131
  • 第三節 日本資本主義の發達と田口博士 / 138
  • 第四章 黎明期日本社會政策思想
  • 第一節 序說 / 147
  • 第二節 最初に講義された社會政策思想 / 149
  • 第三節 「歐米巡囘取調書」における社會政策思想の紹介 / 151
  • 第四節 伊藤博文とローレンツ・フォン・シュタインの社會政策思想 / 158
  • 第五節 板垣退助の社會政策論 / 165
  • 第六節 豊原又男氏の社會政策思想 / 170
  • 第五章 日本歷史學派
  • 第一節 日本歷史學派總說 / 183
  • 一 はしがき 日本歷史學派の意識化 / 183
  • 二 わが國における歷史學派の萌芽 その社會的根據 / 185
  • 三 社會政策學會の發展・消滅 歷史學派の特質 / 193
  • 四 第二期における歷史學派 マルキシズムへの對抗と否認 / 198
  • 五 最近における日本歷史學派とその轉化形態 / 201
  • 第二節 日本歷史學派發生とその積極的主張 / 210
  • 一 大島貞益氏の「情勢論」 / 210
  • 二 自由貿易の否定としての保護政策の理解 / 214
  • 三 その社會的根據 / 218
  • 第六章 日本社會政策學會の發生と發展
  • 第一節 日本資本主義の發達と近代的無產者の發生 / 223
  • 第二節 自由放任論と社會主義、これが否定の否定としての社會政策學會の出現 / 242
  • 一 自由放任主義の輸入とその文獻 / 242
  • 二 自由主義への愛義 勞働問題・社會問題の出現 金井延博士・和田垣謙三博士の貢獻 / 248
  • 三 その現實的背景としての勞働運動・社會運動の勃興 社會主義的諸文獻の刊行 / 252
  • 第三節 日本社會政策學會の沿革 / 262
  • 一 その發生 「社會政策學會趣意書」の發表 / 262
  • 二 「社會民主黨」の組織に對する社會政策學會の「辯明書」 / 264
  • 三 明治四十年、社會政策學會の規定とその社會的活動 / 267
  • 四 世界大戰後の社會情勢と社會政策學會の消滅 / 273
  • 第四節 社會政策學會の社會的性質 / 277
  • 一 社會問題に對する進步的見解 勞資協調論 / 277
  • 二 社會主義者の攻擊-桑田熊藏博士と片山潜氏との論爭-安部磯雄氏および河上肇氏の批判 / 285
  • 三 自由放任主義論者よりの駁擊-田口鼎軒博士と葛岡信虎氏との論爭 / 291
  • 四 日露戰爭および世界大戰後における社會政策學會 / 299
  • 第五節 社會政策思想の發展と變質 / 303
  • 一 福田德三博士のいわゆる「日本社會政策の第二期」の宣言 / 303
  • 二 福田德三博士の所論批判 / 311
  • 三 世界大戰後の社會運動の再勃興と社會政策思想 / 319

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本経済学史の一齣 : 社会政策学会を中心として
著作者等 住谷 悦治
書名ヨミ ニホン ケイザイガクシ ノ ヒトコマ : シャカイ セイサク ガッカイ オ チュウシン ト シテ
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和23
ページ数 324p
大きさ 21cm
全国書誌番号
46010519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想