追分節の今昔

石島鴎雅 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部
  • 史實上より觀たる江差松前追分節の肧胎せる社會相
  • 一 はしがき / 1
  • 二 民謠中の民謠としての追分節 / 3
  • 三 蝦夷地に於ける松前氏の覇業 / 5
  • 四 蝦夷地の行政 / 8
  • 五 松前氏の漁業及收稅對策 / 9
  • 六 壓制と災厄とに呻くアイヌ民族 / 14
  • 七 禁制と追分節の起原 / 19
  • 八 江差町の繁榮と追分節 / 23
  • 九 松前氏の失脚と禁制の破綻 / 28
  • 一〇 追分節元唄についての異說 / 30
  • 二 江差松前追分節の正しい呼稱 / 33
  • 第二部
  • 江差松前追分節から正調追分節への推移
  • 一 江差松前追分節の東京への進出 / 37
  • 二 江差松前追分節が入る前の東京に於ける追分節 / 40
  • 三 所謂正調追分節 / 41
  • 四 追分節本唄のテンボ / 43
  • 五 追分節歌詞の構成 / 46
  • 六 追分節の波狀音譜 / 51
  • 七 追分節と尺八樂 / 52
  • 八 神威岩と傳說 / 55
  • 第三部
  • 追分節歌詞のさま[ザマ]
  • 一 戀の唄 / 64
  • 二 愛の唄 / 77
  • 三 別れの唄 / 80
  • 四 船頭の唄 / 85
  • 五 比喩敎訓の唄 / 88
  • 六 地名讀み込みの唄 / 96
  • 七 自然の風物の唄 / 102
  • 八 雜唄 / 110
  • 九 文句入りの唄 / 115
  • 餘錄
  • 追分節硏究者のため
  • 一 河越氏の東京隴上會 / 121
  • 二 武川氏の大日本追分節心樂會 / 126
  • 三 藤野氏の東山會 / 127
  • 四 近藤氏の雷友會 / 128
  • 五 大日本追分節聯合會 / 129
  • 六 涌井氏の中央追分會 / 135
  • 七 江差追分會 / 136
  • 八 斯道の先覺者阿部鷗江氏 / 138
  • 九 三絃の第一人者安田磯子女史 / 139
  • 一〇 情熱的歌手見砂東樂氏 / 140
  • 一一 追分節界の奇人金錦酬氏 / 142
  • 一二 アイヌ語抄錄 / 148
  • 一三 東京市電氣局情操敎育尺八部 / 153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 追分節の今昔
著作者等 石島 鴎雅
書名ヨミ オイワケブシ ノ イマムカシ
書名別名 Oiwakebushi no imamukashi
出版元 正調追分節東京雷友会
刊行年月 昭11
ページ数 158p
大きさ 20cm
NCID BA31047782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46046349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想