日本法理の自覚的展開

小野清一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 日本法理の自覺的展開 / 1
  • 一 日本法學の樹立 / 1
  • 二 明治以後における法學の諸方向 / 13
  • 三 日本法理とは何か / 31
  • 四 日本法理自覺への途 / 50
  • 五 日本法の本質 / 62
  • 六 日本法理としての國體 / 78
  • 七 刑法理論の日本法理的再檢討 / 98
  • 八 私法の公法的基礎づけ / 120
  • 九 大東亞法秩序の日本法理的構想 / 138
  • 日本刑法學序說 / 159
  • 一 國家的法律體系としての刑法 / 159
  • 二 刑法の基本觀念 / 170
  • 三 刑法學の方法 / 193
  • 刑法に於ける道義と政策 改正刑法假案に對する概括的批判 / 203
  • 東洋は存在しないか / 255
  • 西洋の學と東洋の學 / 279
  • 憲法十七條における和の精神について / 293
  • 書評二件 / 309
  • エリック・ウォルフ「ドイツ精神史上の大法律思想家」 / 309
  • バウンド「現時の法律理論」 / 316

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本法理の自覚的展開
著作者等 小野 清一郎
書名ヨミ ニホン ホウリ ノ ジカクテキ テンカイ
書名別名 Nihon hori no jikakuteki tenkai
出版元 有斐閣
刊行年月 昭和18
版表示 オンデマンド版
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4641902208
NCID BA83459727
BN05871890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46009401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想