数覚とは何か? : 心が数を創り、操る仕組み

スタニスラス・ドゥアンヌ 著 ; 長谷川眞理子, 小林哲生 訳

数をめぐる脳内ネットワークの不思議な実態を明かす明著登場。数の脳内処理に関する第一人者がさまざまな実験の豊富な実例を駆使して、ヒトや動物の数を扱う能力=「数覚」とその意外な実態について綴る、脳科学ファンも数学ファンも必読のポピュラー・サイエンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遺伝的に受け継いだ数の能力(才知にあふれた動物たち
  • 数える赤ちゃん
  • おとなの脳に埋め込まれた心の物差し)
  • 第2部 概数を越えて(数の言語
  • 大きな計算のための小さな頭
  • 天才たち、神童たち)
  • 第3部 神経細胞と数について(数覚の喪失
  • 計算する脳
  • 数とは何か?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数覚とは何か? : 心が数を創り、操る仕組み
著作者等 Dehaene, Stanislas
小林 哲生
長谷川 真理子
長谷川 眞理子
ドゥアンヌ スタニスラス
書名ヨミ スウカク トワ ナニカ : ココロ ガ スウ オ ツクリ アヤツル シクミ
書名別名 The number sense
出版元 早川書房
刊行年月 2010.7
ページ数 459p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-15-209142-0
NCID BB02837698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21810378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想