明暗  上

夏目漱石 著

晩年の漱石は人間のエゴイズムを扱った作品を多く書いた。彼はこれを克服しようとする境地を"則天去私"と名づけているが、『明暗』はその実践といわれる。虚栄心の強いエゴイストの津田、お延の夫婦生活を通し、その暗さから明るさへの転換を描こうとして絶筆となった。漱石の思想的到達点を示す作品。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明暗
著作者等 夏目 漱石
書名ヨミ メイアン
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1962 31刷
版表示 〔改版〕
ページ数 304p
大きさ 15cm
ISBN 4003101146
NCID BN04568853
BN00941671
BN01528069
BN09965726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62001410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想