経済学概論

河村宜介 述

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緒論 / 1
  • 第一章 經濟 / 1
  • 第二章 經濟生活の史的槪観 / 7
  • 第三章 經濟學 / 22
  • 第一節 經濟学の本質 / 22
  • 第二節 經濟学の分科 / 27
  • 第四章 經濟學の基礎槪念 / 30
  • 第一節 欲望 / 30
  • 第二節 財貨 / 33
  • 第三節 効用 / 35
  • 第四節 價値 / 36
  • 第一編 生産論 / 41
  • 第一章 總説 / 41
  • 第一節 生産の意義 / 41
  • 第二節 生産の要素 / 43
  • (一) 土地 / 44
  • (二) 労動 / 47
  • (イ) 労動の数量 / 49
  • (ロ) 労動の能率 / 50
  • (ハ) 労動の組織 / 51
  • 協力、兼業、分業(一、二、三、)
  • (三) 資本 / 57
  • 一 資本の意義及び種類 / 57
  • (イ) 生産資本と営利資本 / 58
  • (ロ) 企業資本及び補助資本 / 59
  • (ハ) 固定資本及び流動資本 / [57]
  • (ニ) 自由資本と特定資本 / 60
  • 二 資本の構成
  • 第二章 企業 / 64
  • 第一節 企業の本質 / 64
  • 第二節 企業の種類 / 66
  • (甲) 公的企業 / 66
  • (乙) 私的企業 / 67
  • (一) 個人企業 / 67
  • (二) 共同企業 / 67
  • (イ) 會社企業 / 69
  • (ロ) 企業結合 / 70
  • (ハ) 組合企業 / 75
  • 第二編 交換論 / 78
  • 第一章 貨幣 / 78
  • 第一節 貨幣の意義 / [78]
  • 第二節 貨幣制度 / 82
  • 第一項 本位貨幣 / 82
  • 第二項 補助貨幣 / 87
  • 第三項 グレシアムの法則 / 89
  • 第四項 紙幣 / 90
  • (一) 政府紙幣 / 91
  • (二) 銀行紙幣 / 92
  • 第二章 信用 / 97
  • 第一節 信用の意義 / 97
  • 第二節 信用の種類 / 99
  • 第三節 信用機関 / 103
  • 第三章 價格 / 116
  • 第一節 價格の意義及び種類 / 116
  • 第二節 獨占價格競爭價格 / 117
  • 第三節 分配論 / 125
  • 第一章 總説 / 125
  • 第二章 賃銀 / 129
  • 第一節 賃銀の本質 / 129
  • 第二節 賃銀制度 / 131
  • 第三節 賃銀の决定 / 136
  • 第三章 地代論 / 142
  • 第一節 地代の意義及び成因 / 142
  • 第二節 リカードの地代説 / 144
  • 第四章 利子 / 153
  • 第一節 利子の本質 / 153
  • 第二節 利子の起因 / 154
  • 第三節 市場利子歩合と其変動 / 159
  • 第四節 利子歩合と資本價格との関係 / 160
  • 第五節 利子の是否 / 161
  • 第五章 利潤 / 163
  • 第一節 利潤の意義 / 163
  • 第二節 利潤の經濟上の基礎 / 165
  • 第三節 企業家は如何にせは利潤を大ならしむるか / 169
  • 第四節 利潤を組織する要素 / 172
  • 第四編 消費論 / 174
  • 第一章 消費の意義 / 174
  • 第二章 消費と所得との関係 / 177
  • 第三章 生産と消費との関係 恐慌 / [179]
  • 經濟學説の大要
  • 第一章 重農学派 / 183
  • 第二章 正統学派(未完) / 190

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学概論
著作者等 河村 宜介
書名ヨミ ケイザイガク ガイロン
書名別名 Keizaigaku gairon
出版元 平野書店
刊行年月 昭和12
版表示 新訂
ページ数 193p
大きさ 23cm
全国書誌番号
44038503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想