音楽は社会を映す : 考える耳〈再論〉

渡辺裕 著

生成変容する音楽文化。文化の記憶、批評の射程。音楽から時代と世界を捉えるダイナミックな現代社会批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽、没論理の誘惑
  • 「曲弓理論」の暴走-何が見方をくもらせるか
  • 正統・非正統二分法のアヤ-生きた西洋文化の原型とは
  • 「オスタルギー・ブーム」のメッセージ
  • マンネリと改革-独創性をめぐる議論のために
  • 異文化理解への視座
  • 「過剰な無駄」の効用-文化創造の側面
  • 音楽ジャンルの離合集散が意味するもの
  • モンマルトルの記憶-シャンソン・イメージの変容
  • 『炭坑節』保存の顛末-「世界遺産」の幻影〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽は社会を映す : 考える耳〈再論〉
著作者等 渡辺 裕
書名ヨミ オンガク ワ シャカイ オ ウツス : カンガエル ミミ サイロン
出版元 春秋社
刊行年月 2010.7
ページ数 155p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-93556-9
NCID BB02727408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想