ゾラ・セレクション  第9巻

ゾラ 著 ; 宮下志朗, 小倉孝誠 責任編集

セザンヌの親友であり、マネや印象派をいち早く評価した先鋭の美術批評家でもあった、フランスの文豪ゾラ。鋭敏な観察眼、挑発的な文体で当時の美術評論界に衝撃を与えた美術論を本格的に紹介。「造形芸術家解説」152名収録。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 初期の批評(プルードンとクールベ
  • ギュスターヴ・ドレ ほか)
  • 2 マネの擁護(わがサロン
  • エドゥアール・マネ-伝記批評研究 ほか)
  • 3 アカデミズムと印象派(パリ便り
  • パリ便り-パリの絵画展覧会 ほか)
  • 4 絵画における自然主義(パリ便り-文学・芸術消息
  • サロンにおける自然主義)
  • 5 闘いの後で(エドゥアール・マネの作品展・序文
  • マルスラン・デブータンの版画展・序文 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゾラ・セレクション
著作者等 Zola, Emile Edouard Charles Antoine
Zola, Émile
三浦 篤
宮下 志朗
小倉 孝誠
藤原 貞朗
Zola 'Emile
ゾラ エミール
書名ヨミ ゾラ セレクション
書名別名 Ecrits sur l'art

美術論集

Les chefs-d'oeuvre d'Emile Zola
巻冊次 第9巻
出版元 藤原書店
刊行年月 2010.7
ページ数 513p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-750-2
NCID BB02648254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想