悪女という種族

吉行淳之介 著 ; 結城信孝 編

生後二ヶ月の我が子を抱くと腕が腫れるという童顔の人妻の奇妙な行動を描いた「水族館にて」、結婚生活にあきあきしている美貌の若妻が、大学教授の夫を彼の教え子である男子学生とともに翻弄する「ある情事」、キャバレーで働く女との関係が彼女のヒモである気の弱いヤクザにばれたとき、三流週刊誌の記者である"私"がとった意外な行動を綴った「不意の出来事」など、全九篇を収録。男女の機微を描き続けた著者が、不穏にして魅惑的な悪女たちの正体をあぶりだす、傑作短篇アンソロジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪女という種族
著作者等 吉行 淳之介
結城 信孝
書名ヨミ アクジョ ト イウ シュゾク
シリーズ名 ハルキ文庫 よ6-1
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2010.2
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7584-3460-7
全国書誌番号
21803910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想