明治法制史論  公法之部 下巻

小早川欣吾 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第四編 立憲政體の構造 / 553
  • 第一 樞密院官制の發布 / 553
  • 第二 立法制度 / 558
  • 第一章 立法制度の運用 / 558
  • 第一節 立法制度に關する基礎的法律の成立 / 561
  • 第二節 公文式及び法例の發布 / 576
  • 第三節 帝國議會の運用 / 584
  • 第二章 政黨の發逹 / 612
  • 第一節 政黨理論の發展 / 612
  • 第二節 政黨發生の必然的原因 / 625
  • 第三節 我國政黨の特質 / 631
  • 第四節 政黨の發生 / 633
  • 第三 行政組織 / 660
  • 第一章 行政組織の變遷 / 660
  • 第一節 官治行政の變遷 / 660
  • 第二節 自治行政の變遷 / 724
  • 第三節 諸種の行政の變遷 / 738
  • 第四節 公用徴收の變遷 / 794
  • 第五節 行政救濟制度の發逹 / 797
  • 第二章 官僚制度 / 810
  • 第一節 官吏特に文官 / 810
  • 第二節 官吏 / 818
  • 第三章 財務行政の變遷 / 821
  • 第一節 財務行政機關の變遷 / 821
  • 第二節 租稅制度 / 825
  • 第三節 豫算及決算制度の變遷(會計制度) / 849
  • 第四節 通貨制度 / 858
  • 第五節 國債制度 / 902
  • 第四 司法制度 / 936
  • 第一章 司法權獨立の過程 / 936
  • 第二章 司法行政機關の變遷 / 952
  • 第三章 彈正臺の設置及び其の廢止の意義 / 967
  • 第四章 刑法典及び刑事訴訟法典並びに陪審法典編纂過程 / 978
  • 第一節 刑法典の編纂過程 / 978
  • 第二節 刑事訴訟法典の編纂過程 / 1059
  • 第三節 陪審法典の編纂過程 / 1090
  • 第五章 裁判機關の變遷 / 1099
  • 第一節 裁判所構成法の編纂 / 1100
  • 第二節 裁判所の變遷 / 1107
  • 第三節 領事裁判權の撤廢 / 1127
  • 第四節 辯護士制度の採用過程 / 1160
  • 第六章 行刑制度及び赦制 / 1165
  • 第一節 監獄制度 / 1166
  • 第二節 赦制 / 1186
  • 第七章 刑法學の發逹 / 1190
  • 第五 軍制の改革 / 1203
  • 第一章 陸海軍の創設 / 1203
  • 第一節 兵制の確立 / 1203
  • 第二節 陸海軍の編制 / 1214
  • 第三節 陸海軍の構成 / 1235
  • 第二章 統帥權の復古 / 1243
  • 第三章 徴兵令の發布 / 1258
  • 第四章 軍事機關の變遷 / 1276
  • 第一節 軍事行政機關の變遷 / 1276
  • 第二節 軍事輔翼機關の變遷 / 1284
  • 第三節 軍事敎育機關の變遷 / 1296
  • 第四節 軍事司法機關の變遷 / 1306
  • 第六 外交 / 1310
  • 第一章 外務機關の變遷 / 1314
  • 第二章 條約改正の問題 / 1323
  • 第三章 對朝鮮外交の變遷 / 1336
  • 第一節 明治初頭より朝鮮併合に至る / 1336
  • 第二節 朝鮮併合 / 1343
  • 第四章 對支外交の變遷 / 1351
  • 第一節 臺灣の變 / 1351
  • 第二節 琉球歸屬問題の解決 / 1355
  • 第三節 日淸戰爭及び其後に於ける外交 / 1359

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治法制史論
著作者等 小早川 欣吾
書名ヨミ メイジ ホウセイシ ロン
書名別名 Meiji hoseishi ron
巻冊次 公法之部 下巻
出版元 巌松堂書店
刊行年月 1944 2版
版表示 訂正版
ページ数 1394, 28p
大きさ 22cm
全国書誌番号
53016480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想